JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
takatsukasaに今すぐ質問する
takatsukasa
takatsukasa, 社会保険労務士
カテゴリ: 雇用・労働
満足したユーザー: 638
経験:  人事労務管理において18年間従事
61975128
ここに 雇用・労働 に関する質問を入力してください。
takatsukasaがオンラインで質問受付中

経営者に敵意をむき出しにしている社員の方がいます。 こちらにも落ち度はありますが、あまりにもあからさまに 批判す

解決済みの質問:

経営者に敵意をむき出しにしている社員の方がいます。
こちらにも落ち度はありますが、あまりにもあからさまに
批判するので、面談の上解雇も考えていますが、他の
対処方法はあるでしょうか。 お教え下さい。
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 雇用・労働
専門家:  takatsukasa 返答済み 5 年 前.
「敵意をむき出し」との具体的な内容がよく分かりませんが、まずご注意頂きたいのはいきなりの解雇は難しいということです。

まずは、業務命令という形で文書をだしましょう。これは、後で支持されていないと言われないようにするためです。そして業務命令に従わない場合には、業務命令違反を理由に懲戒処分をしていきます。

懲戒処分の内容にしても、最初は始末書の提出から始め、減給、出勤停止と処分を重ねていきます。そして最終的に、退職勧奨のカタチに持っていくのがいいと思います。
質問者: 返答済み 5 年 前.

 説明不足でしたのにご回答ありがとうございます。

休憩時間や宴席などで給与が安いということ・経営の批判を皆に吹聴している。

リーマンショック後中々回復できずにいるので給与も以前より低いです。

他に社員の方への影響も考えると対応に困っています。

専門家:  takatsukasa 返答済み 5 年 前.
そうでしたか、それはお困りでしょうね。
ですが、先程の回答のように面談の上いきなり解雇のような手段をとると、不当解雇と訴えられる可能性もあり、また訴えられた場合、会社が負ける確率は非常に高いものがあります。
「経営の批判を皆に吹聴している」というのは、会社業務に重大な影響を与える内容でしょうから、懲戒処分という証拠を積み重ねることをお勧めします。これは従業員と後日争うことになった場合、証拠を積み重ねることにより、会社の判断は不当解雇ではないことを証明する方法となります。
takatsukasaをはじめその他名の雇用・労働カテゴリの専門家が質問受付中

雇用・労働 についての関連する質問