JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
remember2012に今すぐ質問する
remember2012
remember2012, 社会保険労務士
カテゴリ: 雇用・労働
満足したユーザー: 975
経験:  社会保険労務士
64449363
ここに 雇用・労働 に関する質問を入力してください。
remember2012がオンラインで質問受付中

うつ病で長期(約1年)休職しております。先日、社長より「君の戻るところは、ないので退職してくれ、1年も面倒みたから」

解決済みの質問:

うつ病で長期(約1年)休職しております。先日、社長より「君の戻るところは、ないので退職してくれ、1年も面倒みたから」と言われ「会社都合にしてください」と申したのですが「1年もめんどうみてやった!」との一点張りなのですが、この場合は、自己都合で退職しなけてばならないのでしょうか?
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 雇用・労働
専門家:  remember2012 返答済み 5 年 前.

こんにちわ。ご質問ありがとうございます。

 

まず、休職に関しては法定事項ではないため、内容や対象者等は会社が独自に決定できることになっています。本来はその定めは就業規則に記載されているのですがご質問者様の会社では就業規則がないということですので最終的には会社(社長)との話合いになると思います。

常時従業員10人以上の事業場は就業規則を作成、届出をする義務がありますがご質問者様の会社はいかがでしょうか?就業規則は従業員に交付義務はないので「うちの会社は就業規則がない」とお思いの方でも実際ある場合もございます。

 

会社都合か自己都合も話し合いになり、お互い歩み寄りが必要なところだと思います。

休職期間中の社会保険料はご質問者様がお支払でしょうか?社会保険料は休職期間中もかかっていますから、もしご質問者様がお支払いでなければ会社が負担していたことになります。ご質問者様もその点をご考慮してみてはいかがでしょうか?(社会保険料の負担は会社にとっても大きいです)

 

また、病気の原因は仕事では?とのことですが、もし仕事が原因であれば労働基準法弟19条に

「労働者が業務上負傷し、または疾病にかかり、療養のため休業する期間及びその後の30日間は解雇できない」

と定められています。

しかし、ご質問の内容からですと業務上であると証明するのはなかなか難しいのではないでしょうか。(業務上の怪我などであれば分かりやすいのですが)

 

もし、どうしても会社都合で退職をご希望であれば、就業規則の作成義務があればですが就業規則が作成されてないことを引き合いに出し、会社(社長)とご相談されてはいかがでしょうか?

remember2012, 社会保険労務士
カテゴリ: 雇用・労働
満足したユーザー: 975
経験: 社会保険労務士
remember2012をはじめその他名の雇用・労働カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 5 年 前.
社会保険は、確か毎月約45000円位、払って
ました、自己都合にすると失業手当が3か月後になると聞いて
おりますがうつ病療養中の失業手当みたいな制度は、あるのです
か?変な質問で申し訳ございませんが宜しくお願いします。
専門家:  jinjiconsul 返答済み 5 年 前.

ご利用頂き有難うございます。

 

御相談の件ですが、文面を拝見する限りでは退職勧奨という形になります。退職勧奨であれば、応じるか否かは労働者側に委ねられますので、引き続き勤務したい場合に応じる必要はございません。

 

そうなれば、どうしても会社側が貴方を辞めさせたい場合ですと解雇せざるを得なくなりますが、解雇となれば30日前の解雇予告または30日分の解雇予告手当の支払義務が会社に生じます。またご周知の通り、解雇となれば原則として雇用保険の基本手当の給付制限がなくなります。また、そもそも解雇措置自体の合理性が無ければ解雇自体が無効となるケースもございます。

 

一旦自己都合退職を受け入れてしまいますと、撤回することは困難ですし貴方にとっては明らかに不利になるといえます。

 

従いまして、貴方が本当に今の職場で働き続けたいのでしたら、ここでは退職に同意しない方が適切でしょう。仮に退職するとしましても、会社側と交渉して出来る限り有利な条件を提示してもらうことをお勧めいたします。

 

 

 

 

専門家:  remember2012 返答済み 5 年 前.

こんにちは。ご質問の内容から退職されることを前提にご回答させていただきます。

 

残念ながらうつ病療養中の失業手当みたいな制度はありません。似たような制度で傷病手当という失業手当(基本手当)に代えて支給されるものがありますが、これは離職後、求職の申し込みをした後、疾病または負傷のために職業に就くことができない状態であることが必要です。

 

ちなみにご質問者様は現在、健康保険から傷病手当金は受給されていますでしょうか?

(雇用保険の傷病手当と健康保険の傷病手当金は全く違うものです)

 

傷病手当金は以下の要件を満たせば退職後も引き続き支給されます。

①被保険者の資格を喪失した日の前日まで引き続き1年以上被保険者であったこと。

②その資格を喪失した際に、傷病手当金の支給を受けている、又は受けることができる状態にあること。

 

また、その支給期間は支給を開始した日から1年6カ月となっております。

 

ご質問者様は失業手当や給付制限なども気になり退職理由をお悩みであると思いますが、失業手当(基本手当)を受給する前提として離職後、失業の状態にあることが必要です。

ここでいう、失業の状態とは労働の意思及び能力があるにもかかわらず、職業に就くことができない状態のことをいいます。つまり積極的に求職活動をしないといけないことになります。

よってご質問者様の状態では退職理由に関わらず、すぐに失業手当(基本手当)を受給するのは難しいのではないのでしょうか。

 

一度、傷病手当金のことをお調べされることをお勧めいたします。

remember2012, 社会保険労務士
カテゴリ: 雇用・労働
満足したユーザー: 975
経験: 社会保険労務士
remember2012をはじめその他名の雇用・労働カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 5 年 前.
傷病手当は、2月まで有効なのですが、年金機構の事務所に申請に行っておりますが、会社の締め日の都合で15日退職になるのですが、先月までの傷病手当の申請は、出来ますか?12月末日の分ですが、これが仮に会社の退職手続きが退職日15日以降の16日に退職手続きが行われた場合、12月分の傷病手当の申請は、無効なることは、ないのですか?因みに、保険証は、協けん本です。組織がアバウトな会社のため法律上どうなのですか?
専門家:  remember2012 返答済み 5 年 前.

一度、ご質問を整理させていただきたいのですが、傷病手当金の支給が始まった日から起算して1年6カ月になるのが2月でしょうか?また、15日退職というのは今月(1月)のことでしょうか?

 

傷病手当金の支給期間が2月まで(何日かまではおいておきます)、退職日が今月(1月)の15日ということを前提にご回答させていただきます。

 

傷病手当金の請求権の時効は労務不能であった日ごとにその翌日から2年間となっております。よって、12月分の傷病手当金の請求権は受給要件に該当していれば退職日、退職手続き日に関わらず、時効で消滅するまでは無効となることはありません。

もしご質問者様の会社から16日が退職手続き日だと傷病手当金がもらえないということを言われるようであれば再度ご相談ください。

 

私の経験からいうとアバウトな会社は結構あります。

(もちろんいけないことですが)

中にはそもそも社会保険に加入していないところもあります。

 

しかし、そのことによって労働者の権利はなくなりませんので少しでもお役に立てればと思います。

 

 

 

専門家:  remember2012 返答済み 5 年 前.

一度、ご質問を整理させていただきたいのですが、傷病手当金の支給が始まった日から起算して1年6カ月になるのが2月でしょうか?また、15日退職というのは今月(1月)のことでしょうか?

 

傷病手当金の支給期間が2月まで(何日かまではおいておきます)、退職日が今月(1月)の15日ということを前提にご回答させていただきます。

 

傷病手当金の請求権の時効は労務不能であった日ごとにその翌日から2年間となっております。よって、12月分の傷病手当金の請求権は受給要件に該当していれば退職日、退職手続き日に関わらず、時効で消滅するまでは無効となることはありません。

もしご質問者様の会社から16日が退職手続き日だと傷病手当金がもらえないということを言われるようであれば再度ご相談ください。

 

私の経験からいうとアバウトな会社は結構あります。

(もちろんいけないことですが)

中にはそもそも社会保険に加入していないところもあります。

 

しかし、そのことによって労働者の権利はなくなりませんので少しでもお役に立てればと思います。

 

 

 

雇用・労働 についての関連する質問