JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
dresquireに今すぐ質問する
dresquire
dresquire, 弁護士
カテゴリ: 雇用・労働
満足したユーザー: 265
経験:  できるだけ迅速かつわかりやすくお答えしようと思っています。
60912397
ここに 雇用・労働 に関する質問を入力してください。
dresquireがオンラインで質問受付中

会社の雇用(就業規則)について、可能な限りご指導お願いできますでしょうか。 お手数ならその旨おっしゃっていただけれ

解決済みの質問:

会社の雇用(就業規則)について、可能な限りご指導お願いできますでしょうか。
お手数ならその旨おっしゃっていただければ質問を考え直します。
勤務規律、遵守事項、入場制限・退場命令、の条項を定めたのですが、このような簡単な項目でいいのでしょうか?
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 雇用・労働
専門家:  dresquire 返答済み 5 年 前.
はい。

下記が絶対的必要記載事項になりますので、あらかじめ基準をはっきり定めることで、トラブルの生じないようにしておくことが大切ですね。
(1) 労働時間関係 始業及び終業の時刻、休憩時間、休日、休暇並びに労働者を二組以上に分けて交替に就業させる場合においては就業時転換に関する事項
(2) 賃金関係 賃金の決定、計算及び支払の方法、賃金の締切り及び支払の時期並びに昇給に関する事項
(3) 退職関係 退職に関する事項(解雇の事由を含みます。)

就業規則に記載する事項には、労働基準法(昭和22年法律第49号)第89条により、必ず記載しなければならない事項(絶対的必要記載事項)と、各事業場内でルールを定める場合には記載しなければならない事項(相対的必要記載事項)とがあります。このほか、使用者において任意に記載し得る事項もあります。
dresquireをはじめその他名の雇用・労働カテゴリの専門家が質問受付中

雇用・労働 についての関連する質問