JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
beallears-srに今すぐ質問する
beallears-sr
beallears-sr, 社会保険労務士
カテゴリ: 雇用・労働
満足したユーザー: 146
経験:  法学部卒業
62487826
ここに 雇用・労働 に関する質問を入力してください。
beallears-srがオンラインで質問受付中

わたしの主人の事でご相談があります。 主人の会社は従業員6名(内身内4名)の水道設備業のお店です。 会社は一応市

質問者の質問

わたしの主人の事でご相談が あります。
主人の会社は従業員6名(内身内4名)の水道設備業のお店です。
会社は一応市の指定を貰っています。
主人は朝8時半から夕方6時半くらいまで(日により帰宅時間は異なる)
働いており月曜日から土曜日まで祝日関係なく行っています。
勤続して今年で12年めくらいになるのですが
社会保障は何もありません。
天引きされているのは所得税と住民税のみです。
そして有給休暇なども一切なく休めば日数が減り給料が減ります。
手当は一応色々とついていますが全くどういう事なのか
理解が出来ません。
私は正直将来が不安なので社会保障をしっかりして欲しいと
会社に伝えましたがいずれは株式会社にするので
待って欲しいと言われました。
それから1年半何の動きもありません。
少し手当は増えましたが私の要望とは違う形で
失望しています。
現場系の仕事なら1人親方扱いで社会保障がない会社は
多いのは知っていますが
好きな時には休めず結婚式等で休みをもらえば
給料はきっちり引かれてその上1人親方なので
社会保障はないというのはなんだか許せません。
私が間違っているのであればその理由を教えて下さい。
向こうが間違っているのなら今後どの様にすれば
良いのか教えて下さい。
宜しくお願い致します。
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 雇用・労働
専門家:  beallears-sr 返答済み 5 年 前.

お疲れ様でございます。

さっそくですが回答させて頂きます。

 

社会保険(健康保険・厚生年金)については法律上の条件(下記の条件)に該当すれば

強制加入になりますが、その条件は会社側に関してと従業員側に関してに分かれます。

◎会社側の条件・・・法人または個人事業でも法定業種(土木・建設工事関係もこれに

含まれます)に該当すれば5人以上(臨時雇用のぞく)の従業員を雇っている

◎従業員側の条件・・・次にあげる方以外の方が加入となります。

臨時的な雇用の者(日雇い・2ヶ月以内短期・事業所の所在地が

一定しない所に雇用されている者・季節的業務で4ヶ月以内の雇用や臨時の

有期雇用で6ヶ月以内の雇用・会社が建設国保などに加入している者など)

※以上が従業員側の条件ですが、「従業員」とは完全に会社側の支配下に置かれて

指揮命令を受けて働く者を言いこれを一般に「雇用契約」といいます。

ですので、会社との力関係はあっても個人事業主(簡単に言えば、一人親方など、

一人社長として、自分の能力を用いて、様々な会社と契約をし報酬を受けることが

できる方)と会社との契約は一般に「請負契約」や「業務委託契約」と呼ばれ

雇用契約とは区別されます。ですので受け取るお金も給料でなく「報酬」と呼ばれます。

イメージとして言えば、会社と会社(一人社長なので)の契約なので、

従業員のように一方的にどちらかが保護されることが無いのです。

なので、従業員=労働者ではないため労働基準法の適用も無く有休もありません。

 

しかしながら、上記のような完全な一人親方としての契約でなく

働いている側が良く分からないままに請負契約や業務委託とされている場合も最近では

増えているようです。(本人が一人社長と自覚しておらずアルバイトや社員と

思っているのに会社が勝手に契約書だけ請負や委託にして義務から逃げる状態)

もし、仮にご主人もそれに該当しているのであれば脱法好意的なものとも

考えられますので、形式と実体が異なり自身は労働者だと主張して

各役所(健康保険と厚生年金は年金事務所・雇用保険はハローワーク・労働基準法は

労働基準監督署です)へ相談し各種保険への加入と労働基準法の権利を

ご確認されたほうがよろしいと思います。

ただし、実体が労働者であると主張するには本人が一人社長と

思っていないこともそうですが、実体として「仕事の進め方に強い命令が無く本人に委ねられている」「専属制が薄い=他社との契約もできる」「会社との現実的力関係は

あるものの、そもそもまわされた仕事を形式的には選ぶことができる」「働く時間や休日を

強く指定されない」など他にも沢山ポイントはありますが、これら一人親方の特徴を持つ

条件に該当しないことが必要となります。

 

以上、長文となってしまいましたが

少しでもお役に立てば幸いです。

 

 

質問者: 返答済み 5 年 前.
ご回答ありがとうございます。
これを見る限り主人は会社の従業員ではないかと
思うのですが…。
まずおそらく主人は会社と契約書等を書面にて
かわしていないと思います。
主人が15歳の時に今の会社の親方がウチで働けと
言って下さり今日まで働き続けています。
そして主人はあくまでも従業員ですので勝手に休みも
頂 けないです。
会社が出勤と決めた日は祝日でも日曜日でも出勤です。
一応休日手当はついていますが。
ただ主人はもう12年もこの世界にいますので
ある程度自分で仕事を進めていると思います。
従業員1人1人が違う工務店担当なので進め方は
本人が工務店と打ち合わせをして決めて行っていると
思います。
私も仕事の内容は正直詳しくは分かりませんが
主人は会社から指示された仕事をただこなしているだけだと
思うので
やはり会社が社会保障等の義務から逃げている様に思います。
ですが会社からの言い分はウチはお店なのでそういった義務はないと
いう事なのですが
そうなのですか。

先程の相談と重なっているかも知れませんが
教えて下さい。
専門家:  beallears-sr 返答済み 5 年 前.

引き続き回答させて頂きます。

 

先ほど記載させていただいた

「専属制が薄い=他社との契約もできる」

「まわされた仕事をいちおう形式的には選ぶことができる」

「働く時間や休日を強く指定されない」

などに該当せず、明確な「請負契約」や「業務委託契約」の契約書も無く

何よりご本人自身も会社側も、どちらも単純に「従業員=いわゆる正社員かアルバイト」

だと思っているのであれば、一人親方ではなく単なる従業員の可能性が高いでしょう。

簡単に言えば社会保険に加入できて労働基準法の保護が受けられる人

すなわち従業員=労働者とは「会社の指揮命令を受けて働く人」のことです。

ご主人の会社では、おそらく毎年、会社がご主人の給与所得に対して年末調整を

してくれており、ご主人が個人事業主として確定申告を会社と無関係に

行っているわけではなさそうですね。

それも従業員である要素の1つになります。

 

まずは、これらの要素から、ご主人には「労働者性があるのではないか」と主張して

ハローワークに行き雇用保険に入れないのだろうかと相談

そして年金事務所に行き健康保険・厚生年金に入れないのだろうか相談

さらに行けるのであれば労働基準監督署へ行き有休は使えるのだろうかと

確認してみるのがよろしいと思います。

今回のご質問と回答で、要点は整理できていると思いますので

まずは電話してみてもよろしいと思いますよ。

役所は相談だけしておいても、勝手に急いで調査に動くわけでもないですから

まずは相談しておいて、あとはご主人が正式に希望した場合に役所がどのように

動いてくれるのかを確認したうえで、ご主人本人の気持ちも含めて

今後の動き方を決めればよろしいかと思われます。

 

会社が「うちはお店だから」と言っているのは

おそらく個人でやっているお店であり、それなりの規模の企業のように

人事部や総務に詳しい専門社員がいない為

社会保険制度や人事制度を会社も社長も正しく

理解されていないからではないでしょうか。推測ですが・・・

 

以上、簡単ではございますが

ご参考になれば幸いです。

 

 

 

 

 

 

beallears-srをはじめその他名の雇用・労働カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 5 年 前.
ご回答ありがとうございました。
主人は毎年年末調整をして頂いており
自らした事もないので
従業員という事がはっきりと分かったので
安心いました。
ご回答頂いた内容をもとに主人とよく話し合い
今後動いていけたらいいなと思います。
文才のない私の話を聞いて下さり
分かりやすいアドバイスをして頂き
誠にありがとうございました。
専門家:  beallears-sr 返答済み 5 年 前.

ご質問ありがとうございました。

お役に立てば幸いです。

雇用・労働 についての関連する質問