JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
dresquireに今すぐ質問する
dresquire
dresquire, 弁護士
カテゴリ: 雇用・労働
満足したユーザー: 265
経験:  できるだけ迅速かつわかりやすくお答えしようと思っています。
60912397
ここに 雇用・労働 に関する質問を入力してください。
dresquireがオンラインで質問受付中

ある業務について他社に委託する場合に、業務委託契約書の秘密保持の事項について教えて下さい。(自社(甲)のみが秘密

解決済みの質問:

ある業務について他社に委託する場合に、業務委託契約書の秘密保持の事項について教えて下さい。


(自社(甲)のみが秘密情報を開示する場合)契約書は下記のような文言で問題ないでしょうか?何か加えたほうが良いのか考えております。


1.乙は、本契約の履行にあたり、甲が秘密である旨明示して開示する情報及び本契約の履行により生じる情報を秘密として取扱い、甲の事前の書面による承諾なく第三者に開示してはならない。


お気づきになる限りで構いませんのでアドバイスいただけると助かります。


よろしくお願いいたします。

投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 雇用・労働
専門家:  dresquire 返答済み 5 年 前.
お答えします。

秘密保持の対象となる情報の特定は、できる限り具体的に行うことが望ましいです。

「甲の事前の..」の前にでも、「次項に定める場合を除き..」として、以下を加えると良いかと思います。
条項の最後に、「書面によってその根拠を立証できる場合に限り、以下の情報は秘密情報の対象外とするものとする。」
①開示を受けたときに既に乙が保有していた情報
②開示を受けた後、秘密保持義務を負うことなく第三者から正当に入手した情報
③開示を受けた後、相手方から開示を受けた情報に関係なく乙が独自に取得し、又は創出した情報
④開示を受けたときに既に公知であった情報
⑤開示を受けた後、乙の責に帰し得ない事由により公知となった情報

これを参考に検討していただければと思います。
dresquireをはじめその他名の雇用・労働カテゴリの専門家が質問受付中

雇用・労働 についての関連する質問