JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
dresquireに今すぐ質問する
dresquire
dresquire, 弁護士
カテゴリ: 雇用・労働
満足したユーザー: 265
経験:  できるだけ迅速かつわかりやすくお答えしようと思っています。
60912397
ここに 雇用・労働 に関する質問を入力してください。
dresquireがオンラインで質問受付中

以前にお聞きした退職時における秘密保持誓約書について教えてください。 項目については、第1条に秘密保持の確認、第2

解決済みの質問:

以前にお聞きした退職時における秘密保持誓約書について教えてください。
項目については、第1条に秘密保持の確認、第2条に退職後の秘密保持の誓約、第3条に契約の期間について記そうと思います。
他に加えるべき項目等、もしお気づきになる点があるようでしたらお教え願えますでしょうか。
可能な限りで構いませんので、よろしくお願いいたします。
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 雇用・労働
専門家:  dresquire 返答済み 5 年 前.
お答えしますね。

以下のような規定を設ける例もあるので、参考に検討されるとよいと思いますよ。
・競業避止義務に関して規定を設ける例もあります。ただし、退職後の競業避止義務については、その有効性が認められるためには、制限の期間、場所的範囲、制限の対象となる職種の範囲、代償の有無等について、具体的事情の下において合理的なものとなるように考慮する必要があるものと考えられています。
・場合によっては、補償手当として定めを設ける例もあります。
・営業秘密の帰属に関して、誓約事項を設ける例もあります。
 
不明な点があればご質問ください。
dresquireをはじめその他名の雇用・労働カテゴリの専門家が質問受付中
専門家:  dresquire 返答済み 5 年 前.
回答が重複しましたので削除しました。
専門家:  dresquire 返答済み 5 年 前.
第○条(競業避止義務の確認)
 私は、第○条(退職後の秘密保持の誓約)を遵守するため、貴社退職後○年間にわたり、次の各号に掲げる行為をしないことを約束いたします。
①貴社と競合関係に立つ事業者に、就職したり役員に就任したりすること。
②貴社と競合関係に立つ事業者の提携先企業に、就職したり役員に就任したりすること。
③貴社と競合関係に立つ事業を自ら開業又は設立すること。

以上、例として参考になさって下さい。
dresquireをはじめその他名の雇用・労働カテゴリの専門家が質問受付中

雇用・労働 についての関連する質問