JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
takatsukasaに今すぐ質問する
takatsukasa
takatsukasa, 社会保険労務士
カテゴリ: 雇用・労働
満足したユーザー: 638
経験:  人事労務管理において18年間従事
61975128
ここに 雇用・労働 に関する質問を入力してください。
takatsukasaがオンラインで質問受付中

年末懲戒解雇を言いわたされました。罪名は横領です。 お聞きしたいのは以前会社で2000万円の横領で解雇の前例がありましたが私の場合35万円利益7万円で友人宅のリフォーム工事を会社

解決済みの質問:

年末懲戒解雇を言いわたされました。罪名は横領です。
お聞きしたいのは以前会社で2000万円の横領で解雇の前例がありましたが私の場合35万円利益7万円で友人宅のリフォーム工事を会社を通さず に行い支払の件でトラブり本社に友人の親がクレームを付け発覚し横領未遂時点で、会社の取り調べをうけ懲戒解雇を言いわたされました。ただ、友人からの支払は20万円差額は工事をした販売店に私が払い利益供与ではなくマイナス状態です。
この内容で懲戒解雇はあまりに重いのではないかと思います、罪は認めますが、せめて諭旨免職にすることが出来ないか、そな場合何処にどう動けばよいのか教えて頂きたいにですが
尚、その友人とは工事後一切今でも連絡がつきません、又正式に 懲戒解雇を言い渡されてません
アドバイスよろしくお願いします
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 雇用・労働
専門家:  takatsukasa 返答済み 5 年 前.
業種や役職、日頃の勤務の様子などを総合的に判断しなければならないため懲戒解雇の内容の正当性については判断できません。

さて懲戒解雇と正式に言い渡されていないのであれば、まずは会社に懲戒解雇かどうかをはっきりさせなくてはなりません。会社に解雇理由を記載した証明書の交付を求めましょう。これは労働基準法22条に基づ くものです。

そして各都道府県の労働局に不当解雇とのことであっせんの申し込みをしましょう。懲戒性分の軽重は、労働法では判断できないためあっせんをすることによって諭旨解雇となるように請求する方法がよろしいかと思います。

労働局のあっせんについては、こちらのリーフレットをご参照下さい。
http://www.mhlw.go.jp/general/seido/chihou/kaiketu/dl/01a.pdf
質問者: 返答済み 5 年 前.
早速の回答有難うございます
正式には懲戒解雇の判決はでてませんが年末総務に呼ばれ懲戒解雇を覚悟しておくように言われましたほぼ確定だとの事です。
質問ですが、会社から懲戒解雇の結果がでてから労働局に動いたのでは手遅れなのでしょうか?
既に会社がまとめた調書的な物にはサイン捺印し本社に送付してます
専門家:  takatsukasa 返答済み 5 年 前.
会社の下した懲戒解雇が厳しすぎることを争う事になります。そのため、会社から懲戒解雇の結果がでてから(労働局に)動くことで結構です。
質問者: 返答済み 5 年 前.
了解しました
労働局からの減刑請求はどれだけの効力があるか会社側が拒否する事で終わりになるのでしょうか
会社的には関わりたくないユニオンへも相談しようかと思ってますがどうでしょうか?
専門家:  takatsukasa 返答済み 5 年 前.
あっせんについては、会社が拒否することも可能です。その場合は次は、労働審判を起こす流れをお勧めします。
ユニオンへの相談も有りだと思います。あっせん、労働審判については自分でも出来るので費用がそれ程かからないためお勧めしました。
質問者: 返答済み 5 年 前.

何度もすみません、労働審判とはどのような内容で会社の拒否権はあるのでしょうか?

又、費用がそれ程かからないとありますが大体で結構ですどのくらいかかるのでしょうか?

専門家:  takatsukasa 返答済み 5 年 前.
労働審判制度は,個々の労働者と事業主との間に生じた労働関係に関する紛争を、
裁判所において、原則として3回以内の期日で、基本的に話し合いによる和解で解決するようにしていきます。
あっせんについては、会社が拒否した場合はそれで打ち切りとなりますが、労働審判については参加しなけれなりません。
費用については請求額によって変わりますが、謄本代1000円他、200万円の請求で8000円位です。
質問者: 返答済み 5 年 前.

何度もすみません

順番としてはあっせんで拒否された場合に次に労働審判制度に移るのでしょうか

いきなり労働審判制度へ持ち込む事は可能でしょうか?

専門家:  takatsukasa 返答済み 5 年 前.
あっせんは無料ですが労働審判は費用がかかるのでその順番で回答しました。もちろんいきなり労働審判でも可能ですよ。
takatsukasaをはじめその他名の雇用・労働カテゴリの専門家が質問受付中

雇用・労働 についての関連する質問