JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
dresquireに今すぐ質問する
dresquire
dresquire, 弁護士
カテゴリ: 雇用・労働
満足したユーザー: 265
経験:  できるだけ迅速かつわかりやすくお答えしようと思っています。
60912397
ここに 雇用・労働 に関する質問を入力してください。
dresquireがオンラインで質問受付中

引き続きおねがいします。 後継者の選び方についてなんですが、従業員への承継を考えたとき、どのようなパターンがあるの

解決済みの質問:

引き続きおねがいします。
後継者の選び方についてなんですが、従業員への承継を考えたとき、どのようなパターンがあるのでしょうか?
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 雇用・労働
専門家:  dresquire 返答済み 5 年 前.
こんばんは。お答えしますね。

「従業員等への承継」として考えられるパターンとして、主に次の2通りが考えられます。
なお、将来の子息等への承継の中継として、従業員等へ一時的に承継するような場合もあります。
1:役員・従業員等社内への承継パターン
社内の後継者候補としては、共同創業者、専務等番頭 格の役員、優秀な若手経営陣、工場長等の従業員等が考えられます。
なお、自社の役員等が後継者となる場合、役員等がオーナー経営者から株式を買い取る手法が考えられます。
2:取引先・金融機関等外部から後継者を雇い入れる承継パターン
取引先の企業や金融機関から人を招く場合が多いです。
ただし、社内に基盤がない者が後継者になることは、従業員等の反発が予想されるので慎重に選定しなければなりません。
dresquireをはじめその他名の雇用・労働カテゴリの専門家が質問受付中

雇用・労働 についての関連する質問