JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
takatsukasaに今すぐ質問する
takatsukasa
takatsukasa, 社会保険労務士
カテゴリ: 雇用・労働
満足したユーザー: 638
経験:  人事労務管理において18年間従事
61975128
ここに 雇用・労働 に関する質問を入力してください。
takatsukasaがオンラインで質問受付中

昨年12月25日、給与と賞与を現金で昼休み時間に渡しました。(いつも現金支給) 従業員の一人が、自分の給料・賞与が

解決済みの質問:

昨年12月25日、給与と賞与 を現金で昼休み時間に渡しました。(いつも現金支給)
従業員の一人が、自分の給料・賞与が他の人に比べ少ないのでは?との疑念を持ち、
他の従業員のコッカーを勝手に開け(鍵無し)、ハンドバックに入っていた給料袋(給与の現金あり)内の給料明細書を覗いていたところを、同僚が偶然発見しました。
本人は給料明細が見たかっただけ、とのこと。悪びれることなく「私の明細書を見せてあげてもいいよ」
との会話があったらしい。
スタッフ数人の医院での出来事ですが、院長としてとるべき処置は?
①懲戒解雇、退職勧告、などしてやめていただく。その場合の具体的方法は?
②お互いの人間関係がまずくなり、気まずい状態で仕事をしている(口を聞かない状態)。他のスタッフへの影響も懸念されるが、 少し様子を見て、自主退職の方法を探る。
③書面で詫び状をかかして、仲直りさせ、スタッフとして受け入れる。 スタッフ(受付)としては有能な人材である。
④スタッフとして受け入れる場合の、今後の対策として、具体的にロッカーに鍵をかけるとか、色々なとるべき方策 を具体的に教えていただきたい。
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 雇用・労働
専門家:  takatsukasa 返答済み 5 年 前.
非常に難しい問題が起こりましたね。
具体的に窃盗などの被害があった訳ではありませんが、
給与明細を覗いていたところとのことで すから現行犯ですね。

本人の言い訳は言い分として聞く必要はあるかも知れませんが、
会社としては、やはり現行犯として処分をすることがけじめだと思います。

少なくとも、就業規則に基づき懲戒処分をしなければなりません。
就業規則に違反とのことであれば懲戒解雇も可能でしょう。

まずは、その行為に至った理由を聞いた上で「人間関係がまずくなり、皆が気まずい状態で仕事をしている
あなたはどう思うのか」「本来は警察に届け出る必要もあるが自主的に退職するのであれば穏便に済ませる」
と本人から自主的な退職を引き出すのが一番だと思います。

その際、きちんと退職願や会社としての処分は、書面で事実をを記載した始末書等の提出をさせましょう。

なお後日不当解雇と言われないように書面は必ず作成して下さい。
本人が書類を出すことを条件に解雇予告手当として30日分を保障するのもいいと思います。

いずれにしても残ったスタッフが今後同様の事件の発生の可能性に心配するようであれば、
ロッカーに鍵をかける、給与を銀行振込みにする、明細袋に封をする等されるのも必要かも知れません。
質問者: 返答済み 5 年 前.

懲戒解雇であれば、退職金は無しということでよろしいですか?

また、穏便に自主退職という形にすると、退職金はどのような扱いにすればよろしいでしょうか?

穏便に済ますことを優先すると、再就職や退職金規定に有利になりますが、規定除外での運用で問題はないのでしょうか?

以上、宜しくお願い申し上げます。

質問者: 返答済み 5 年 前.

懲戒解雇であれば、退職金は無しということでよろしいですか?

また、穏便に自主退職という形にすると、退職金はどのような扱いにすればよろしいでしょうか?

穏便に済ますことを優先すると、再就職や退職金規定に有利になりますが、規定除外での運用で問題はないのでしょうか?

以上、宜しくお願い申し上げます。

専門家:  takatsukasa 返答済み 5 年 前.
懲戒解雇は可能ですが実際に被害が起きていないため、逆に不当解雇として会社を訴える可能性があります。また争いになったとしても会社は非常に不利な立場です。

懲戒解雇は、突然従業員の生活の糧を奪う措置なため、相手が訴えた場合余程のことでなければ会社が負けます。そのためお勧めはしません。ただスタッフへの示し をつけるためにも懲戒処分は必要でしょう。しかしながら懲戒解雇以外の処分をしてもスタッフ間の不信感は残るでしょう。

そのため、なるべく自主退職の形に持っていくべきだと思います。
自主退職ならもちろん退職金も支払う必要があります。

文章でのご質問のため私の想像ですが、少人数の女性スタッフで人間関係も悪い状態というのは、仕事に支障をきたすマイナスの方が大きいのではないか(言い方は悪いですが、金で解決できるのなら安いのでは)との判断したうえで回答させて頂きました。
takatsukasaをはじめその他名の雇用・労働カテゴリの専門家が質問受付中

雇用・労働 についての関連する質問