JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
hiroumushiに今すぐ質問する
hiroumushi
hiroumushi, 社会保険労務士
カテゴリ: 雇用・労働
満足したユーザー: 309
経験:  4年大学卒業 平成15年10月社会保険労務士事務所開業
62918450
ここに 雇用・労働 に関する質問を入力してください。
hiroumushiがオンラインで質問受付中

給与規定の変更時に労働組合が存在しないため、職員の代表の意見を付して労基署に提出しています。しかし職員の代表にはこの

解決済みの質問:

給与規定の変更時に労 働組合が存在しないため、職員の代表の意見を付して労基署に提出しています。しかし職員の代表にはこの給与改定の対象となる管理監督者が含まれていません。就業規則上労働基準法上の管理監督者として位置づけられているのですが、経営者と一体としての業務が存在しない、業務時間が一般職員と同じく拘束されている。
このような状態でこの給与改定は有効と言えるのでしょうか?また有効でないなら労基署に言えばいいのでしょうか?
労働基準法における管理監督者として取り扱うように要求することはできるのでしょうか?
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 雇用・労働
専門家:  hiroumushi 返答済み 5 年 前.

こんにちは。

回答させていただきます。

管理監督者についてですが、貴方の会社の就業規則上で労働基準法上の管理監督者と位置付けられていても実態が経営者と一体としての業務ではなく、業務時間等も一般職員と同じで拘束されている等であれば、管理監督者ではないかと考えられます。

よって、労働時間や休日に関して、労働基準法が適用され、残業代の支給等が必要であると考えます。

いままで、残業等をしていて、残業代が支給されていないのであれば、未払い賃金として法違反となります。

 

会社に労働基準法上の管理監督者として扱うよう要求することは可能ですが、扱うかどうかは会社が判断することになり、管理監督者として扱うのであれば、業務内容の見直しを行う、業務内容の見直しを行わないのであれば、管理監督者ではなく、労働時間や休日に関して労働基準法が適用されることになります。

 

給与規程変更についてですが、基本的に管理監督者は職員代表になることはできませんが、職員代表を選出するのには参加できます。

特に給与規程の変更が従業員にとって、不利益な変更でないのであれば、職員代表の意見を付して労働基準監督署に届出を行えば、一応有効となります。

貴方にとって今回の給与規程変更に納得がいかない部分があったのでしょうか?

あったのであれば、変更の内容によっては、給与規程変更は無効になることもあり得ます。

hiroumushiをはじめその他名の雇用・労働カテゴリの専門家が質問受付中

雇用・労働 についての関連する質問