JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
hiroumushiに今すぐ質問する
hiroumushi
hiroumushi, 社会保険労務士
カテゴリ: 雇用・労働
満足したユーザー: 309
経験:  4年大学卒業 平成15年10月社会保険労務士事務所開業
62918450
ここに 雇用・労働 に関する質問を入力してください。
hiroumushiがオンラインで質問受付中

2011年12月28日派遣先よりいきなり『派遣元から何も聞いてませんか?』といわれ派遣元に電話をすると不適正で契約の

質問者の質問

2011年12月28日派遣先よりいきなり『派遣元から何も聞いてませんか?』といわれ派遣元に電話をすると不適正で契約の延長は難しいと告げられた事をしりました。
延長するしないかは 契約時に事前連絡をすると言われたにも関わらずまったく連絡がありませんでした。担当の営業は私の連絡ミスですとひらあやまりでその瞬間私の職はなくなりました。

次の日精神的なショックで胃潰瘍になり入院しました。

質問内容は以下となります。
営業担当の連絡ミスは事前連絡もなく急な話だったので年始からの仕事の準備もできず賃金の保証がない。派遣元に言って保証してもらえるのか?当日に契約延長がないこのがわかれば事前に次回の就業準備をしていた。

社会保険に入る前に入院しました。今回の事がショックで胃潰瘍になったとおもっています。医療費は請求できますか?
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 雇用・労働
専門家:  hiroumushi 返答済み 5 年 前.

こんばんは。

回答させていただきます。

貴方の雇用契約を結んでいるのは派遣元であるため、派遣元と話をすることになります。

貴方と派遣元の雇用契約はどのような契約になっているのでしょうか?

次の点を確認してください。

・契約期間

・退職、解雇に関する事項

・契約更新について

契約期間の途中での契約解除は、解雇になるのではないかと考えます。

解雇であれば、労働基準法で30日前に通告するか、解雇予告手当(平均賃金の30日分以上)を支払う必要があります。

さらにその解雇の理由について、不当な理由であれば、解雇権の濫用になり、解雇が無効になる可能性があります。

 

まず、貴方が解雇をされたのかどうか派遣元に確認してください。

解雇であれば、上記の30日前の予告または解雇予告手当が必要になります。

また、解雇でなければ、派遣元は契約期間中は次の派遣先が見つかるまでは貴方に対して、平均賃金の60%以上の休業補償を支払う義務があります。

 

契約が更新されなかった場合についてですが、契約の更新はどのように行われるのかが雇用契約書に記載があるかと思います。

例えば

①自動更新

②更新する場合がある

③更新しない

更新する場合があるのであれば、どのような条件で更新されるのかの記載も確認してください。

通達等で更新しない場合には30日前までに予告をすべきとされているので、賃金補償を請求するのは可能と考えます。

 

社会保険についてですが、社会保険はある一定の勤務条件(正社員の4分の3以上の勤務時間、勤務日数)であれば強制加入となります。

加入していないのは、会社がわかっていて手続きをしていないのか、忘れていたのかは不明ですが、加入要件に該当していれば、さかのぼって手続きをしてもらうよう要求してください。

加入要件に不該当であれば、市町村の国民健康保険に加入する必要があるので、これもさかのぼって保険料を納めるなどの手続きを行ってください。

よって、医療費の請求というよりもどこかの保険にさかのぼって加入する手続きをとることになります。

 

上記について、解雇であれば解雇予告手当等は労働基準監督署へ相談することになります。

解雇の理由、更新の通告が遅かったこと等については、労働局のあっせん制度を利用するまたは裁判所の労働審判等を利用する方法があります。

社会保険については、日本年金機構に相談してください。

 

まずは、貴方と派遣元が結んだ雇用契約書の内容を確認し、記載内容と事実に相違があるかどうか確認してください。

 

質問者: 返答済み 5 年 前.
返事が遅くなりました。
上記について詳細がわかりましたので返答いたします。
契約期間とは書いてありませんでしたが契約関係の所を抜粋します。

契約更新の有無:予め更新し ない旨の合意がある場合を除き、更新する場合があります。

契約更新の判断基準:派遣先との労働者派遣契約の更新の有無、就業中の勤怠状況・態度・モラル・スキル、派遣元の経営状況などによる。

派遣期間の制限について:施行令第4条 24号業務に該当のため制限無し

派遣期間:2011年11月2日〜2011年12月31日
当時の就業は年末年始の関係で28日までの就業でした。

専門家:  hiroumushi 返答済み 5 年 前.

こんばんは。

契約内容からしますと更新の判断基準に「労働者派遣契約の更新の有無」とありますので、更新されなかった理由に該当すると考えます。

しかし、今回のケースについて、貴方には更新されなかったことが伝えられなかったため、貴方は更新されたと思い、派遣先に出勤したとのことなので、派遣元には過失があると考えます。

よって、上記の過失について、解雇予告手当(平均賃金の30日分)相当額を要求できるのではないかと考えます。

会社に要求しても応じてもらえないのであれば、労働局のあっせん制度または裁判所の労働審判等を利用して争うことになります。

 

社会保険についてですが、派遣期間が2カ月未満とのことなので、貴方と派遣元の雇用契約期間も2カ月未満であれば、社会保険加入対象者の適用除外者となりますので、違法ではありません。

よって、社会保険加入に関しては会社に過失はないと考えます。

質問者: 返答済み 5 年 前.
補足があります。派遣先からは12月28日までの就業と予め伺ってました。そして私は契約が更新したと思い確認したら満了だったわけです。派遣元の営業よりメールで午前中に契約が満了したと通知がありました。
契約が満了するならば事前に言って欲しかったし、何よ り年始より仕事がなく賃金の保証はどこにもない事が腑に落ちないとおもいました。

12月28日は17時まで就業で実際に私の携帯電話にメールで通知があったのは12月28日の午前9時47分でした。
1月の契約についてお伝えしなければならない事があります。私までご連絡いただけませんでしょうか?

当然就業中でメールなど見れない状況です。
専門家:  hiroumushi 返答済み 5 年 前.

こんばんは。

派遣先からは12月28日までの就業と聞いていたのは、出勤に関する業務指示だと思われたわけですね。

また、1月以降の契約についても派遣元から連絡はもらっていたということですね。

そうなると、契約期間満了前に更新しないことが伝えられているので、賃金補償を求めるのは難しいのではないかと考えます。

 

しかし、労働契約法で会社が契約期間の定めのある有期労働契約を更新しないこととしようとする場合には、少なくとも30日前までにその予告をしなければならないとあります。

よって、違法な部分もあるため、更新しない予告が遅かったことについては、なんらかしらの補償を求めてもいいのではないかと考えます。

雇用・労働 についての関連する質問