JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
hiroumushiに今すぐ質問する
hiroumushi
hiroumushi, 社会保険労務士
カテゴリ: 雇用・労働
満足したユーザー: 309
経験:  4年大学卒業 平成15年10月社会保険労務士事務所開業
62918450
ここに 雇用・労働 に関する質問を入力してください。
hiroumushiがオンラインで質問受付中

1日の労働時間が11.5時間(休憩を含む)が基準とされています。(就業規則) 残業代こみで定義されていると言います

解決済みの質問:

1日の労働時間が11.5時間(休憩を含む)が基準とされています。(就業規則)
残業代こみで定義されていると言いますが、納得するべきでしょうか。
有給休暇の件も未だ整備されておらず、スタッフは病気も出来ない環境です。
また、事業部での損益表は付けています。利益が出ていますがスタッフにも
ボーナスが出ていません。体質の提案を今年は課題としたいのですが、
どのように話し合うかの議事スケジュールを立てられていません。
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 雇用・労働
専門家:  hiroumushi 返答済み 5 年 前.

こんばんは。

回答させていただきます。

労働時間についてですが、労働基準法では1日8時間、週40時間が原則とされ、例外的に1カ月単位の変形労働時間制または1年単位の変形労働時間制等があります。

1カ月単位の変形労働時間制とは、1カ月を平均して労働時間を週40時間以内にするもので、30日の月だと約171.4時間/月となり、1日11.5時間労働だと約15日勤務であとの15日は休日になることになります。

 

会社が残業こみと言っても所定労働時間は上記の範囲内で定め、残業は残業時間としてカウントし、労働時間管理は行う必要があります。

また、残業をさせるには36協定届を労働基準監督署に提出する必要があるため、会社が届出を行っているかも確認する必要があります。

 

給与についても、例えば残業代が基本給に含まれているのであれば、基本給のうちのいくらが残業代の部分なのか明確に規定しなければ、無効となる可能性が高く、明確になっていなければ残業代を別途支払う必要があります。

よって、明確でない固定的な残業分は違法となる可能性が高いです。

 

有給休暇についても労働基準法で6ヵ月勤務して、出勤率が80%以上であれば、10労働日の有給休暇の権利が発生するので、会社で整備されていなくても取得する権利はあります。

ただし、有給休暇は労働者から申請して初めて権利が発生することに注意してください。

 

ボーナスについては、法律で決まりはないため、会社と交渉をしていくしかありません。

 

まずは、貴方と同じ思いを持っている同僚等の仲間と複数で会社と交渉してみてはいかがでしょうか。

一人では、立場が弱いですが、複数であれば会社も耳を傾けるかもしれません。

 

また、一人でも加入できる労働組合があるため、組合に加入して労働条件改善の団体交渉を行う方法もありますが、会社との関係が壊れる可能性もありますので注意してください。

 

労働時間や残業代については、上記のような方法もありますが、今後のことも考えて会社との直接交渉がやりにくいのであれば、労働基準監督署に相談してみると、定期調査や臨時調査の名目で調査をしてくれる可能性もあるため、相談してみてください。

ただし、会社が犯人捜しをする可能性もあるため、慎重に考えて行動してください。

質問者: 返答済み 5 年 前.
社員の労働時間のカウントの方法が、1日10時間でレジポスシステムに入っています。(5h+5h)何時に帰ったかわからないようになり、残業としてカウントされておりません。給与明細には、基本給と時間外労働として額面は、別れて明記されております。しかし上記に記していただいている内容ではないと思います。8時間以上の時間外手当というような明記でもございません。
専門家:  hiroumushi 返答済み 5 年 前.

こんばんは。

レジポシステムで何時に帰ったかわからないとのことですが、それでは、適正に労働時間を把握していないことになります。

まずは、適正な労働時間の把握から改善することになるのではないかと考えます。

会社が労働時間の把握について、改善を行わないのであれば、貴方自身でメモでもいいので、実際の労働時間を記録しておいてください。後で役に立つことがあります。

 

給与についても固定した時間外手当が明確に分かれて記載がないのであれば(就業規則にも)違法の可能性は高く、別途時間外手当の支給が必要と考えます。

 

上記について、会社が知らないでやっている可能性もあるため、まずは会社に先にも記載しましたが複数の従業員で改善を申出ていくのがいいと思いますが、難しいようであれば、実際の労働時間の記録と給与明細等を持参して、労働基準監督署に調査に入ってもらうよう相談されるといいのではないかと思います。

hiroumushiをはじめその他名の雇用・労働カテゴリの専門家が質問受付中

雇用・労働 についての関連する質問