JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
takatsukasaに今すぐ質問する
takatsukasa
takatsukasa, 社会保険労務士
カテゴリ: 雇用・労働
満足したユーザー: 638
経験:  人事労務管理において18年間従事
61975128
ここに 雇用・労働 に関する質問を入力してください。
takatsukasaがオンラインで質問受付中

一企業が個人の生活云々に対し、執拗な電話をしたりするのは違法ですか? 祖父が倒れ、家業を継ぐため現在の会社を退社し

解決済みの質問:

一企業が個人の生活云々に対し、執拗な電話をしたりするのは違法ですか?
祖父が倒れ、家業を継ぐため現在の会社を退社しようとしましたが社長が直々に家族に電話をして会社を辞めないようにしてほしいと申し入れがありました。
入社時に、祖父が倒れた時は家業を継がねばならない事、その時は退社する旨を話し採用となりました。
それなのに社長はしつこく食い下がり約束が果たされていません。
円満に辞める方法がありましたら、ぜひお教え下さい。
宜しくお願いします。
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 雇用・労働
専門家:  takatsukasa 返答済み 5 年 前.
社長が会社を辞めないように懇願しているなんて、あなたが余程優秀な人材なのでしょうね。
そうは言っても家業を継ぐ必要があるというのは、仕方のない理由でしょう。
入社時に、祖父が倒れた時は家業を継がねばならない事、その時は退社する旨を話しての採用と のことですから円満に辞めるというのであれば、根気よく説得していくより仕方がないと思います。

それでも辞めさせてくれないとの事であれば、無理に辞めるのもやむを得ないかも知れません。法律上では、「いつでも解約の申入れをすることができる。この場合において、雇用は、解約の申入れの日から2週間を経過することによって終了する。」となっています。
takatsukasaをはじめその他名の雇用・労働カテゴリの専門家が質問受付中

雇用・労働 についての関連する質問