JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
hiroumushiに今すぐ質問する
hiroumushi
hiroumushi, 社会保険労務士
カテゴリ: 雇用・労働
満足したユーザー: 309
経験:  4年大学卒業 平成15年10月社会保険労務士事務所開業
62918450
ここに 雇用・労働 に関する質問を入力してください。
hiroumushiがオンラインで質問受付中

夫が仕事を残して早退してしまいました。 正社員・パティシエです。 会社の人事担当に心身共に疲弊していることを訴え

質問者の質問

夫が仕事を残して早退してしまいました。
正社員・パティシエです。
会社の人事担当に心身共に疲弊していることを訴えたうえ、早退許可をもらちゃようですが。
今後妻としてどうしたらよいでしょうか…

二年ほど前には夫は抑うつ症状の診断がありました。最近まで兆候はなかったのですが、
最近は連続勤務や夜勤シフトの固定化、人員不足と主任と言う管理職の立場による業務超過で
強いストレスをやりすごせなくなっていたと思われます。
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 雇用・労働
専門家:  hiroumushi 返答済み 5 年 前.

こんばんは。

回答させていただきます。

すでに抑うつ症状の診断があったのであれば、再度病院に行って診察を受けることをお勧めします。

そして、主治医と相談し、治療に専念しなければならないのであれば、会社は休職することも必要ではないかと考えます。

 

休職期間中の収入について不安があるかと思います。

抑うつについて、連続勤務等の過重労働が原因であれば、労災になる可能性があるため、会社に相談して労災申請する方法があります。

労災が認められれば、治療費は労災保険から支給され、休業期間中は給与の約80%が休業補償給付として支給されます。

しかし、労災申請は労働基準監督署が管轄しているため、過重労働が原因となると、会社は何らかの指導または是正勧告等を受ける可能性があるため、会社は協力してくれない可能性があります。

会社が協力してくれなければ、過重労働等を証明する出勤簿等を持参して、自分で労働基準監督署に相談してみてください。

 

抑うつの原因が仕事以外であり、健康保険に加入していれば、医師に働くことができないことを証明してもらえば、最大1年6ヵ月傷病手当金が支給されます。

傷病手当金支給額が目安として給料の3分の2です。

 

いずれにせよ、病気であれば、治すことが優先と考えますので、病院に連れて行き、医師に働きながら治療できるのか、休職をして治療をするのかを相談してみてください。

質問者: 返答済み 5 年 前.
会社が協力してくれなければ、過重労働等を証明する出勤簿等を持参して、自分で労働基準監 督署に相談してみてください。
>タイムカードの打刻記録をもらえなかったり、改ざんされるおそれはないでしょうか。
以前主人がつとめていた会社は上記の理由で、泣き寝入りでした…。

また週明け病院に行くため、この土日月は休ませてもらうよう、本人の代理で私が会社にレンラクヲとろうと思いますが、休職するために不利になりかねない発言などないでしょうか。
連絡時の注意点などあれば教えてください。
専門家:  hiroumushi 返答済み 5 年 前.

こんにちは。

タイムカードの打刻記録等を会社にもらえない場合には、ご主人に思い出せるだけ思い出してもらい、メモ等でもいいので日付と労働時間がわかるように記録してもっていけばいいです。例:12月10日 10:00~22:00などです。

 

会社の連絡に対しては、早退時にご主人が体調不良を訴えているので、それがまだ治らなくて休ませてほしいことを伝えればいいと思います。

また、週明けに病院に行くことも合わせて伝えておいたほうがいいです。

 

病院では医師に労災の相談もされたほうがいいかと思います。

hiroumushiをはじめその他名の雇用・労働カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 5 年 前.
回答がおそくなり、すみません。迅速にレス頂き、おかげで冷静でいられました。
主人は病院にいき、うつ状態1ヶ月自宅療養の診断が出ました。
ここからが色々なスタートなので、私もマイペースにつきあいたいと思います。

ありがとうございました。
専門家:  hiroumushi 返答済み 5 年 前.

こんばんは。

 

仕事も大事ですが、やはり健康が第1なので、病気がしっかり治ることを願っています。

雇用・労働 についての関連する質問