JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
hiroumushiに今すぐ質問する
hiroumushi
hiroumushi, 社会保険労務士
カテゴリ: 雇用・労働
満足したユーザー: 309
経験:  4年大学卒業 平成15年10月社会保険労務士事務所開業
62918450
ここに 雇用・労働 に関する質問を入力してください。
hiroumushiがオンラインで質問受付中

私は。現在54歳で、水産加工会社に19年程働いていました。が先日(18日)午後1;00に社長室に呼ばれ専務、社長、の

質問者の質問

私は。現在54歳で、水産加工会社に19年程働いていました。が先日(18日)午後1;00に社長室に呼ばれ専務、社長、の2人に相対して口頭で今日で終わりにしてくれ明日から来なくてもいいと言われ何が理由なのか解らずこれわ、何解雇?なのか問いただしても正確に答えず、いろいろと君の事は聞いていると。専務社長の耳に伝わる可能性があるとすれば会社が労働監督署に出している基本給の啓さん方法、(残業代の計算方法)が違うのではとか、今年の7月に私の基本給をいつぽう的に下げ たり(月に8000円)社長には本人の同意がなのにも関わらず下げられたので労働法違反ですよと、いつたことなどが、今回の下地があるのではと思うんですが、・・・その日は定時間まで働きどうしても理由が分からないので翌日午前10時頃もう一度社長室へ行きこの解雇理由は何なのか問いただすと。先日(16)日の俺に対する暴言だと。解雇理由証明書を下さいと伝えると、そんなものは出していないところもたくさんあるから家も出さないと言われる退職金は貰えるんでしょうねと聞くと役員会にきいてみるという返事、就業規則には懲戒解雇のときは退職金は支給しないという条文がありますが先に書いたような事柄が根底にあるとしても、役員会で支給しないとなつたときは。私は退職金は貰えないものでしょうか?また有給も即日解雇なので、1年まえの分と合わせると60何日か有りますがどうしたらよいか、教えてください
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 雇用・労働
専門家:  hiroumushi 返答済み 5 年 前.

こんにちは。

回答させていただきます。

まず、会社側からの通告は解雇になると考えられます。

おそらく、貴方が会社に対して、良かれと思って指摘したことに対する報復行為である若しくは会社の経営不振によるリストラではないかと考えます。

 

解雇については、30日前に解雇予告をする、即日解雇ということであれば、解雇予告手当(平均賃金の30日分)を支払う必要があります。

即日解雇であれば、解雇予告手当を請求してください。

 

退職金についてですが、退職金規定があればそのルールに従うことになりますので、退職金規定を確認してください。

退職金規定に役員会の決定によることの記載があれば、不支給の可能性は残るとしても、貴方が特に制裁を受けることをしたとは見受けられないため、懲戒解雇自体が無効である可能性は高く、退職金不支給も無効になるのではないかと考えます。

 

解雇についてですが、上記にも記載しましたが、手続上は30日前の解雇予告または解雇予告手当を支払うことでできますが、解雇の理由については、解雇権の濫用はできないため、貴方の場合は、不当な解雇だと考えられます。

また、解雇理由証明書は労働者が請求した場合は交付する義務があるため、これも違反となります。

 

なぜ、ここまで会社との関係が壊れたのかはわかりませんが、相談内容からすると、おそらく貴方が会社に残れたとしても働きづらいのではないかと考えます。

 

解雇予告手当、退職金不支給、解雇理由証明書の交付については、残業計算の間違い及び給与を引き下げられたこととともに労働基準監督署へ労働基準法違反の申告をすることが考えられます。

 

不当解雇については、労働基準監督署では判断できないため、労働局のあっせん制度の利用、裁判所の労働審判による訴訟、個人でも加入できる労働組合に加入して、団体交渉を行う方法があります。

 

有給休暇については、即日解雇が有効となれば、使用することはできませんが、不当解雇について争うことになれば、おそらく金銭的解決になる可能性があるので、そこで有給休暇分の買取として金額上乗せ等を要求することが考えられます。

 

労働基準法違反については、労働基準監督署に動いてもらうよう相談し、不当解雇等の会社との紛争は貴方が自分自身で労働局のあっせん制度を利用するか、弁護士や特定社会保険労務士等に相談して紛争解決を進めることを選択していくことになります。

hiroumushiをはじめその他名の雇用・労働カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 5 年 前.

4年ほど前の部長になりその後部下に逆らわれたりし、その時に会社としてきちんと対応しておけば、同じ事は(逆らう)沖なかつたのではと思いますが、その後1カ月位の間に2か所も部署を異動させられ・・・私自身も仕事に対する意欲も、愛社精神もなくなり、あげくには。給料を16万円も下げられ。家のローンも払えなくなり自分でおにぎりを持つて会社へいき一兵となり働き、降格人事から4年ちかくたつのに、会社でも社長の顔お見てもあいさつもしたくない

現社長は。自分の親が会社をおこし、この18年間という間も何一つ仕事らしい仕事をせず(他人から見れば)こんどは自分が社長になつたとたんに、強権でしめつけだして。1ばんのやりだまにあげられたのが、私ということだと思いますちなみに専務は実の兄で2人とも60だい後半です。世の中良くなるわけがなさそうです。いま一つp,cの扱いがへたくそですみませんでした.ありがとうございます

専門家:  hiroumushi 返答済み 5 年 前.

こんにちは。

典型的なワンマン会社で、労働基準法など関係ないといった会社のようですね。

このような会社は一度痛い目に会わないと思われます。

 

貴方にとって、一番利益のある形になるよう行動されればいいかと思います。

雇用・労働 についての関連する質問