JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
Mr.K6307に今すぐ質問する
Mr.K6307
Mr.K6307, 社会保険労務士
カテゴリ: 雇用・労働
満足したユーザー: 76
経験:  2007年 愛知県立大学外国語学部卒業 2007年〜トヨタ系部品メーカー勤務 2010年 社会保険労務士試験合格 2011年〜某社会保険労務士法人勤務
61719734
ここに 雇用・労働 に関する質問を入力してください。
Mr.K6307がオンラインで質問受付中

私、59歳で1月に60歳になり定年を迎えます。現在、子会社の代表取締役として、出向しておりますが、12月末で代表を退

解決済みの質問:

私、59歳で1月に60歳になり定年を迎え ます。現在、子会社の代表取締役として、出向しておりますが、12月末で代表を退任となり、取締役としての身分で定年となります。いくつか疑問点があり、質問させて頂きます。

1.今更ですが、代表取締役としての報酬は月額104万円で、親会社の社員としての想定給料との差額を賞与から差し引かれます。報酬は出向先の会社から支払われます。何か釈然としませんが、このようなやり方は特に違法ではないのでしょうか。

2.雇用保険は、代表取締役としての出向時点でなくなり、雇用保険に入っていれば支給されるであろう離職期間の給付金相当額(100万円余り)を退職功労金か何かの名目で定年退職時に支給されますが、これも法律的に問題はないのでしょうか。
 なお、代表取締役として海外現地法人へ出向した時には、雇用保険は支払われていました。

3.当社には再雇用制度がありますので、定年を迎えるにあたり、再雇用申請を人事部長宛に致しましたが、人事担当役員から、出向代表者に対する制度が出来ていないので、再雇用できない旨の説明がありました。それも再雇用申請書での回答ではなく、口頭によるものでした。これも何か釈然としませんが、如何なものでしょうか。

4.定年後の再就職のため職歴証明書を作成し、社長名の証明を求めていますが、2週間ほど回答がありませんが、これは断られても仕方ないのでしょうか。

以上、お手数をお掛けしますが、よろしくお願い申し上げます。
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 雇用・労働
専門家:  Mr.K6307 返答済み 5 年 前.

厳密には法律通りではありません。しかし、監督署から罰を受けるほどではないと思われます。監督官の裁量で軽い指導が来る程度でしょう。


問題ありません。


64歳までは雇用しなくてはなりません。会社に対し、主張できます。


会社にこのような義務はありませんので、仕方ないですね。
質問者: 返答済み 5 年 前.
3.について、たとえば東京に住居を構えている者に九州の工場で再雇用をと言われた場合は、現実問題として受けられませんが、会社としては適法と言うことになりますか。
専門家:  Mr.K6307 返答済み 5 年 前.
残念ながら、適法になってしまします。

会社としては、
「再雇用の打診したが、労働者が拒否した。会社は雇用義務を果たそうとした。」
という認識で適法です。
Mr.K6307をはじめその他名の雇用・労働カテゴリの専門家が質問受付中

雇用・労働 についての関連する質問