JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
beallears-srに今すぐ質問する
beallears-sr
beallears-sr, 社会保険労務士
カテゴリ: 雇用・労働
満足したユーザー: 146
経験:  法学部卒業
62487826
ここに 雇用・労働 に関する質問を入力してください。
beallears-srがオンラインで質問受付中

やっと転職先がみつかり、20年余り勤めていた職場を退職し、いざ出勤初日の前日に転倒し頭を打ったので病院で医師が2日ほ

解決済みの質問:

やっと転職先がみつかり、20年余り勤めていた職場を退職し、いざ出勤初日の前日に転倒し頭を打ったので病院で医師が2日ほどは入院したほうが良いとの勧めもあったので、入院し出勤初日の朝会社に電話したところ、健康保険も準備できているから安心するように言われていたのに翌日電話すると採用取り消しだから来なくていい と唐突に言われました。会社は文化庁の管轄の財団法人です。この突然の解雇?で精神的苦痛を受けたのみならず
いきなり失業無保険者になり今後の生活が成り立たなくなりました。会社に対して請求できるものはないのでしょうか。採用は口頭で一カ月前に言われ書類はなく、今回の解雇も口頭だけです。ハローワーク経由のパート労働者としての採用でしたがフルタイム出勤で社会保険・厚生年金等も完備の内容でした。正社員採用でないからこのような解雇は成立してしまうのでしょうか。教えてください。お願いします。
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 雇用・労働
専門家:  beallears-sr 返答済み 5 年 前.

心中お察しいたします。

さっそくですが回答させていただきます。

 

ハローワークを通して就職活動し

先方から「採用になりましたので〇月〇日から出勤してください」と

口頭であれ、はっきり内定をもらっていた。

そうしたところ入社日(労働契約開始日初日)の出勤前にケガをされ

「採用取り消しだから来なくていい」とのこと

 

質問者様もおっしゃるように、この場合

内定取り消しでは無く、流れからいくとまずは「解雇」と考えて対応を

検討していくのが妥当と思います。

パートだから解雇で争えないなどということはありませんのでご安心下さい。

ただ、今回のケースは明確な書類(内定通知書や解雇通知書)が

一部不足しているのが心配です。

まずは就職をあっせんしてくれた

ハローワークに相談し、事の経緯を伝えたうえで採用となったことを

確認しておいた方が良いと思います。

 

その次に考えるべきことは、質問者様が今後どうしたいかと思います。

 

1、勤務を継続していく・・・

まずは、解雇になることに納得がいかないが本当に「解雇」になるのか

念のため先方に確認したうえで、先方があくまでそうだと主張するなら

「解雇は不当で無効と考えるからしかるべき所へ相談する」として

都道府県労働局相談コーナーへ相談して「助言制度」「あっせん制度」を利用する

ことも方法と思います。

どちらも、勤務を継続するためにサポートしてくれる制度で無料ですが

前者は行政が中立の立場から話し合いを促進するもので、後者は中立の立場で

話し合いそのものを行うもので調停の簡易版です。

留意点はどちらも裁判制度のような強制力を伴うものではなく、法違反の

指導でもありませんので相手が悪質な場合出頭してこない場合があります。

その場合は弁護士等に相談しつつ裁判所制度の利用も

視野に入れたほうがよろしいと思われます。ただ、今回の相手方は

財団法人のようですので、まずはこれら労働局への相談で

様子を見てはどうかと思いました。

 

2、勤務は継続しないが精神的苦痛など納得いかない部分が大きい・・・

基本的な流れは1と同じですが

都道府県労働局相談コーナーへ行ったときに

勤務は継続する気はないが精神的な苦痛が大きいとはっきりと言いましょう。

そうすることで、前述の「助言制度」「あっせん制度」の案内の時に

内容を継続勤務でなく慰謝料の請求を中心にアドバイスしてくれるはずです。

また、解雇を受け入れると考える場合は、まず「解雇予告手当」(法律上の計算で

1日分の平均賃金を出して×30日分の一時金を、即時解雇であれば、

解雇時に会社が支払うことが義務となっているもの)を請求するようアドバイスが

あるかもしれませんので従いましょう。この場合で先方が支払いに応じない場合は

労働基準監督署が調査・指導をする可能性があります。

(今回のケースで試用期間中の解雇だった場合や会社が解雇を否定する場合に

解雇予告手当の義務がないと判断される場合があります)

 

結論といたしまして、まずは現状を客観的に証明できるようハローワークに

相談しておき、同時に、今後どうしていきたいのかを十分にご検討の上、

労働局にも相談しながら

先方との話し合いを進められると宜しいかと思います。

なお、前述1のように進めていった場合でも

途中で継続勤務ではなく一定の金額を受け取って和解するという

方向転換もありだと思います。

 

以上、かなり長文となってしまいましたが、お役にたてば幸いです。

 

beallears-srをはじめその他名の雇用・労働カテゴリの専門家が質問受付中

雇用・労働 についての関連する質問