JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
Mr.K6307に今すぐ質問する
Mr.K6307
Mr.K6307, 社会保険労務士
カテゴリ: 雇用・労働
満足したユーザー: 76
経験:  2007年 愛知県立大学外国語学部卒業 2007年〜トヨタ系部品メーカー勤務 2010年 社会保険労務士試験合格 2011年〜某社会保険労務士法人勤務
61719734
ここに 雇用・労働 に関する質問を入力してください。
Mr.K6307がオンラインで質問受付中

退職勧奨を受けておりますが、これに応じた場合は、会社都合退職になるとの認識です。 人事部から説明を受けているのは、

解決済みの質問:

退職勧奨を受けておりますが、これに応じた場合は、会社都合退職になるとの認識です。
人事部から説明を受けているのは、失業給付は会社都合扱いになり、給付制限はないと言われていますが、退職金支給に関しては、「自己都合退職」扱いの支給額になると言われています。
矛盾していると思っており、退職金についても「会社都合」の計算による支給額をもらえるはずと思っていますが、いかがでしょうか。
ちなみに退職期日のみ、約1ヶ月ほどの延長がされている提示にはなっています。
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 雇用・労働
専門家:  Mr.K6307 返答済み 5 年 前.
失業給付は確かに会社都合扱いで給付 制限がありません。

退職金については、労働法などのルールが緩くある程度会社が決められます。
しかし、会社は決めたことは守る必要があります。
具体的には、就業規則の退職金規程を確認しましょう。
ここに記載されている条文をじっくり読み込んで、
貴方の場合には会社都合か自己都合かどちらに当てはまるか考えてみてください。
会社都合だと思えば、当然の権利として主張できます。
その上で、納得できなければ監督機関である労働基準監督署に相談するとよいです。

なお、就業規則は会社が保管しているので、従業員が見たいと請求すれば、
見せる義務があります。
Mr.K6307をはじめその他名の雇用・労働カテゴリの専門家が質問受付中

雇用・労働 についての関連する質問