JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
takatsukasaに今すぐ質問する
takatsukasa
takatsukasa, 社会保険労務士
カテゴリ: 雇用・労働
満足したユーザー: 638
経験:  人事労務管理において18年間従事
61975128
ここに 雇用・労働 に関する質問を入力してください。
takatsukasaがオンラインで質問受付中

当方、軽度の病気にて退職を検討中です。離職後46日間の有給休暇がありますのでこの休暇を消化しての正式退職となると思い

解決済みの質問:

当方、軽度の病気にて退職を検討中です。離職後46日間の有給休暇がありますのでこの休暇を消化しての正式退職となると思います。
この場合、自分から申し出た退職であっても、会社都合退職者とおなじ条件で失業保険を受けとることができますか?
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 雇用・労働
専門家:  takatsukasa 返答済み 5 年 前.

ご病気のため退職とのことでしょうか。

その場合であっても、ご自身から申し出るのであれば自己都合退職となるため失業保険(雇用保険の基本手当)は有利になりません。

 

病気が原因で働くことが困難になるとのことであれば、健康保険から傷病手当金の受給はされているのでしょうか。傷病手当金は最長1年6ヵ月支給されます。

takatsukasaをはじめその他2 名の雇用・労働カテゴリの専門家が質問受付中
専門家:  takatsukasa 返答済み 5 年 前.

補足となりますが、失業給付は就職しようとする意志があり就職できる能力があるにもかかわらず、職業に就くことができない場合に支給されます。そのため、もし病気のために働けないとのことであれば、失業給付を受けることはできせません。

その場合は最長3年間の受給期間の延長ができますので、ハローワークへご相談下さい。

雇用・労働 についての関連する質問