JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
kionawakaに今すぐ質問する
kionawaka
kionawaka, 社会保険労務士
カテゴリ: 雇用・労働
満足したユーザー: 1377
経験:  中央大学法学部法律学科卒 社会保険労務士事務所経営
62775484
ここに 雇用・労働 に関する質問を入力してください。
kionawakaがオンラインで質問受付中

はじめまして、井口と申します。 早速ですが労働トラブルの相談をお願いします。 H13年12月にO会社に入社して、

解決済みの質問:

はじめまして、井口と申します。
早速ですが労働トラブル の相談をお願いします。
H13年12月にO会社に入社して、H15年年5月から、O会社からA会社を通してH会社で、労働しています。(配管工)
O会社は、H20年10月に退職してA会社の下請けとしてH会社にA会社から出向して労働しています。
問題は、H15年5月からH20年10月までO会社から給料をもらっていた5年5ヶ月間、
給料自体は保険・税金等引かれて問題ないのですが、
O会社が法律で定められている会社が半分負担する健康保険等のお金を会社が持ち出して払っていた(出向で決まった金額しかO会社に入らなかった為)から、
その年数分、毎月5万円払うとO会社とA会社が話を決め現在まで至っています。
自分はA会社にはO会社が持ち出していたという保険等は法律で会社が半分負担するのは当たり目で労働者に毎月5万円返せはおかしいし、納得いかないと申し出たのですが、
A会社は今まで世話になっていたのだから、義理は通さなあかんと自分の申し立ては通りませんでした。
自分は出向先で仕事を覚え資格取り一人前になるまでは我慢しようとがんばってやって着ました。
資格も取り親方として出来るようになり、あらためてA会社に毎月の5万円は返す義務無いから
O会社に話しをしてくれと頼んだのですが、A会社はO会社とA会社で決まっているから話は出来ないと断られました。
このような場合どうすれば毎月5万円をとめれるのでしょうか?
よろしくお願いします。
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 雇用・労働
専門家:  kionawaka 返答済み 5 年 前.

>>出向元が給与を支払っていても、人件費は実質的に出向先が負担している例もあり、社保の扱いは、内部の負担関係によるよりも、直接給与を支払っているのが誰かにより決せられます。

 

 

>>保険に入った事業主には、保険料の事業主負担部分が生じます。この保険料相当額を内部的にどちらが負担するかは、両企業の話し合いによって負担割合を決めることになります。

 

 出向に際して、出向元・出向先間で出向契約が結ばれているはずですが、この協定の中に、人件費の負担割合、保険料の事業主負担部分割合を定めておくべきです。

 

>O会社が法律で定められている会社が半分負担する健康保険等のお金を会社が持ち出して払っていた(出向で決まった金額しかO会社に入らなかった為)から、
その年数分、毎月5万円払うとO会社とA会社が話を決め現在まで至っています。
自分はA会社にはO会社が持ち出していたという保険等は法律で会社が半分負担するのは当たり目で労働者に毎月5万円返せはおかしいし、納得いかないと申し出たのですが、

 

>あらためてA会社に毎月の5万円は返す義務無いから
O会社に話しをしてくれと頼んだのですが、A会社はO会社とA会社で決まっているから話は出来ないと断られました。
このような場合どうすれば毎月5万円をとめれるのでしょうか?

 

>>会社の負担部分まで労働者にかぶせてきているという事例であると思います。事業主負担部分まで労働者が負担しなければならない理由はありませんから(労働者に対する損害賠償というのもスジが通りません)、まず出向元・出向先で決めてくださいと総務に申し上げてください。

 

 

 

 

 

 

>>企業側の労働社会保険手続き代行のみならず、従業員側の個別労働関係民事紛争の相談・解決にも積極的に応じています。

kionawakaをはじめその他名の雇用・労働カテゴリの専門家が質問受付中

雇用・労働 についての関連する質問