JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
takatsukasaに今すぐ質問する
takatsukasa
takatsukasa, 社会保険労務士
カテゴリ: 雇用・労働
満足したユーザー: 638
経験:  人事労務管理において18年間従事
61975128
ここに 雇用・労働 に関する質問を入力してください。
takatsukasaがオンラインで質問受付中

歯科医院経営者です。 12月初めにパート労働者から、12月29日付けで退職したい旨の退職願が提出され、受理をしたの

解決済みの質問:

歯科医院経営者です。
12月初めにパート労働者から、12月29日付けで退職したい旨の退職願が提出され、受理をしたのですが、2日後に15日退職はできないか?との相談を受けました。もうこれ以上当方で働きたくないようで、できるだけ早く退職したいようでしたが、欠員を補充する必要もあるため、それは受け入れられないが、欠員の補充が決まったらそこで退職にしましょうか?という話に口頭でなっていました。その従業員は次の職場も決まっており、当方を退職し次第、次の職場に行けるようなことを言ってい たようです。昨日、欠員の補充が決まったため、昨日(7日)限りで退職とする旨を伝えて、帰宅したのですが、帰宅後、代理の者から“これは解雇なのか?”との電話連絡がありました。当方では上記のいきさつがあり、解雇したつもりではない旨をお話ししたのですが、退職願を29日で書いているから、その日までは退職の意思はない旨を主張されました。どうやら次の職場は来月以降から働くことになったようで、それまで働くところがないようです。続けて働きたいのなら、退職の話は無しにするので、明日以降も働いてもらってよい旨を伝えましたが、感情的にこれ以上は当方で働けない(働きたくない)とのことで、“解雇にしてくれ”と言っておりました。先方の話は“解雇なのか?”とのことだったので、上述のように経緯をお話ししても、聞き入れてもらえず、そのまま話は平行線でした(先方はかなり感情的になっておられました)。電話のあと、よく考えてみると、先方は、解雇予告手当の支払いを求めたいのかもしれません。
このようなケースでは、当方はどのように対応したらよいのでしょうか?解雇として解雇予告手当を支払うべきなのでしょうか?また、その場合は、29日までの給料を支払うのでしょうか?また、退職となる場合は、退職願は29日付けで受理しているのですが、退職日は何日になるのでしょうか?またこの場合、離職票の退職理由はどのようにすべきでしょうか?
ご回答をお願いいたします。
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 雇用・労働
専門家:  takatsukasa 返答済み 5 年 前.

一度29日に退職したいと言いながら、退職日の変更の申し入れなどずいぶん自分勝手な労働者ですね。

あなたが言われるように「続けて働きたいのなら、退職の話は無しにするので、明日以降も働いてもらってよい」とのスタンスがよろしいかと思います。少なくともとも解雇や会社都合とは言わないようにしましょう。

 

あとは、放っておくことです。

あなたが働いてもらってもよいというのに、労働者が会社に来ないというのは単に無断欠勤という訳です。給料については、ノーワークノーペイですから、来なければ払わなければいいだけです。

退職日については、29日で離職理由は自己都合退職で処理しましょう。

 

後で解雇だなんだとうるさく言うような相手であるなら、出社するように連絡し記録として残しておくとよいでしょう。

takatsukasaをはじめその他名の雇用・労働カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 5 年 前.

早速のご回答ありがとうございました。

最後にご説明いただいている、「出社するように連絡し記録として残しておく」の件ですが、昨日の時点で、かなりうるさく言っていたので、そのようにしようと思うのですが、本人が“当方とは話もしたくない”と言っていたようで、代理の方が本人と話をさせてくれないようですので、郵便にて文書を送付しようかと思うのですが、その場合、内容証明にしたほうがよろしいでしょうか?

もし可能でしたら、その文書の内容についてもお教えいただけますでしょうか?

よろしくお願いいたします。

専門家:  takatsukasa 返答済み 5 年 前.

内容を記録というのは、相手が後で不当解雇だと言ってくることに備えて会社が無断欠勤に対していつ、何回出社するように言ったのかを記録しておくということです。

もちろん出社の督促もせずにそのまま放っておいてもいいのですが、念のため記録として残すということです。そのため、わざわざ内容証明まで作る必要はないでしょう。

takatsukasaをはじめその他名の雇用・労働カテゴリの専門家が質問受付中

雇用・労働 についての関連する質問