JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
hiroumushiに今すぐ質問する
hiroumushi
hiroumushi, 社会保険労務士
カテゴリ: 雇用・労働
満足したユーザー: 309
経験:  4年大学卒業 平成15年10月社会保険労務士事務所開業
62918450
ここに 雇用・労働 に関する質問を入力してください。
hiroumushiがオンラインで質問受付中

事業縮小にともなって現在、退職勧奨を受けています。 昨年にも別の理由で退職強要を受けましたが、拒否しました。

質問者の質問

事業縮小にともなって現在、退職勧奨を受けています。

昨年にも別の理由で退職強要を受けましたが、拒否しました。
その結果、職種限定採用であったにもかかわらず配置転換となりました。上司の計らいにより、残ることができましたが給与は下がりました。

今年は会社の業績が思わしくなく、上司も責任を問 われているので「今回は守れない」と言われました。うすうす感じるのは唯一、人事権を握っている社長に個人的に嫌われているようです。業績悪化はそれほどでもないですが、これを良い理由に退職勧奨しているのだと思います。
こんな会社では将来が見えないので、退職には前向きですが収入が途絶えてしまうのが不安です。上司に負担をかけたくないので、条件退職によりできるだけ円満に退職しようと考えています。

会社都合の場合、勤務して1.5年では退職金の相場は月額給与の何ヶ月分くらいでしょうか。
また他にも良い解決方法などあればご教示いただければ幸いです。
よろしくお願いいたします。
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 雇用・労働
専門家:  shonansolicitor 返答済み 5 年 前.

<会社都合の場合、勤務して1.5年では退職金の相場は月額給与の何ヶ月分くらいでしょうか。>

  今どき、1.5年で退職金が頂ける会社は珍しいのではないでしょうか。1.5ヶ月がMAXぐらいに考えた方が良いのではと思います。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

  参考になりましたら「承諾」をお願い致します。

質問者: 返答済み 5 年 前.
再投稿:回答の質.
専門家:  hiroumushi 返答済み 5 年 前.

こんばんは。

確かに勤続1.5年では退職金が支給されないのは珍しくないと思います。

しかし、退職勧奨を受けているということなので、退職勧奨を受けることを条件に退職金の支給を交渉してみる余地はあるかと思います。

相場は、退職勧奨の理由等にもよりますので、ピンからキリまであります。

よって、あくまでも交渉となることから、貴方の今後の生活を考えて3~6ヵ月分を要求してみてはいかがでしょうか?

会社が要求を飲むことになる可能性があったとしてもそこから減額していって、最終的には1~2か月分もらえればいい方だと思われます。

また、貴方は雇用保険には加入していないのでしょうか?

雇用保険に1.5年加入していれば、さらに会社都合となれば3カ月の給付制限はなく、失業保険が早く支給されるはずです。

おそらく90日分失業手当が支給されるかと思うので、その間に頑張って次の就職を目指すこともできます。

円満退職を望むのであれば、交渉をするだけしてみて、ダメなら退職勧奨を受け入れて、会社都合としての失業手当を受給することだと思います。

時間をかけてでもある一定の退職金を確保したいと思うのであれば、労働局のあっせん制度を利用するのも一つの方法だと考えます。

hiroumushi, 社会保険労務士
カテゴリ: 雇用・労働
満足したユーザー: 309
経験: 4年大学卒業 平成15年10月社会保険労務士事務所開業
hiroumushiをはじめその他名の雇用・労働カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 5 年 前.
会社都合の特定の場合、失業保険の支給は1 80日ではなかったでしょうか?
間違っていたらすみません。

昨年の退職強要とあわせて今回の退職勧奨は恣意的であることを認めてもらいたいのですが、お世話になった直の上司にはなかなか言えません。
その上司も今の状況なら解雇の4要件を満たしている、と言っています。言わされているのかもしれません。希望退職の募集などもなかったですし、逆に希望者を引き止めをしているくらいです。残業時間を減らす努力なども見られません。

退職勧奨は断って、弁護士さんなど専門家に相談したいところですが
そうすると、どうしても全面的に争うことになりそうで躊躇しています。
専門家:  hiroumushi 返答済み 5 年 前.

1.5年ですと、45歳以上60歳未満の方で180日ですが、45歳未満の方は90日です。

 

貴方が会社に残りたいのであれば、毅然として退職勧奨を断ればいいと思います。

しかし、相談内容の状況からして、会社での立場が良くなるようには思えないです。

また、弁護士や特定社会保険労務士、労働局等の第3者を利用すれば、紛争になり、おそらく金銭的な解決となって、退職という道が濃厚ではないかと思います。

貴方がおかれているいまの状況を十分に考えて、退職勧奨を受けるか会社と争うか選択されることが望ましいと思います。

雇用・労働 についての関連する質問