JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
sin4864に今すぐ質問する
sin4864
sin4864, 社会保険労務士
カテゴリ: 雇用・労働
満足したユーザー: 343
経験:  労働問題の専門家として23年の経験がある特定社会保険労務士です。
61543350
ここに 雇用・労働 に関する質問を入力してください。
sin4864がオンラインで質問受付中

はじめまして 二点質問させてください。 ①年棒制で半年間の試用期間をもって入社しましたが、半年後の面談で当初思っ

解決済みの質問:

はじめまして
二点質問させて ください。
①年棒制で半年間の試用期間をもって入社しましたが、半年後の面談で当初思っていた能力に達していないと15%給与をカットされました。このカット幅は問題ないのでしょうか。
②年棒制なので残業代は一切払われません。また、残業代が発生しないよう年棒制にしているので、どんどん残業しなさいと言われます。残業時間の多さを評価の対象にしているような発現もあります。年棒制では残業代は
一切もらえないのでしょうか。

以上、不信に思い働いております。一般的な見識をお聞かせ下さい。
よろしくお願いします。
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 雇用・労働
専門家:  sin4864 返答済み 5 年 前.

①入社時の雇用契約書によります。正式採用の時に労働条件をどのようにするか取り決めがあれば問題ないでしょう。もしなければ、労働条件の不利益変更に該当する可能性が高く、その場合は、貴方の同意が必要で一方的な賃金カットは許されません。

②年俸制だと残業代金を支払わなくても良いと、もし経営者が考えているのならそれは大きな間違いです。法定労働時間を超える部分については割増賃金を支払う義務があります。

質問者: 返答済み 5 年 前.
ご回答ありがとうございます。
①の雇用契約書は手元にないのですが、試用期間終了後に見直しをするといった趣旨は書いてあったように思います。見直しをするといった意味合いがあれば会社の主張が通ってしまいますか?
専門家:  sin4864 返答済み 5 年 前.

試用期間終了後に賃金について見直すことに、貴方は入社時の契約で合意していますから、ちょっと不利かもしれませんね。でも、15%カットは不利益が大きいので、交渉してもいいと思います。「労働条件の不利益変更には承諾できない」と主張してみましょう。会社の都合に言いなりになっていては損をしますよ。

質問者: 返答済み 5 年 前.
迅速なご回答ありがとうございます。
何度も質問申し訳ございませんが、最後に
②の法定労働時間超過分とは週40時間を超える分をもらう権利があるということでよろしいでしょうか?
私と会社間の話し合いが進まない場合どこへ相談すれば良いか教えていただけますか。
以上、最後にお願い致します。
不安な中大変助かりました。
ありがとうございます。
専門家:  sin4864 返答済み 5 年 前.

②原則そういうことになります。年棒の中に、年間○○時間の残業代金を含むという契約になっている場合、また1年単位の変形労働時間を採用している場合は必ずしもそうではありませんが・・・。

労働局のあっせんをお勧めします。労働基準監督署の労働相談コーナ-で申込みをします。

sin4864をはじめその他名の雇用・労働カテゴリの専門家が質問受付中

雇用・労働 についての関連する質問