JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
kionawakaに今すぐ質問する
kionawaka
kionawaka, 社会保険労務士
カテゴリ: 雇用・労働
満足したユーザー: 1375
経験:  中央大学法学部法律学科卒 社会保険労務士事務所経営
62775484
ここに 雇用・労働 に関する質問を入力してください。
kionawakaがオンラインで質問受付中

知人紹介で8/20(会社指定日)より労働仕事につきました。 その会社の締め日は月末なのですが、勤務1ヶ月目は 8

質問者の質問

知人紹介で8/20(会社指定日)より労働仕事につきました。
その会社の締め日は月末なのですが、勤務1 ヶ月目は
8/20~8/31 の期間
或は
8/20~9/19 のどちらが一般的になるのでしょうか?

また、あるウチワ揉めから、社長より”次の連絡まで待機してくれ”と言われ待機していましたが、
やはり解雇となるようですが、
見習い期間と言われているのですが、給料3回受給し所得税を引かれている場合には、
雇用資格・義務は、発生するのかしないのか教えて頂けますでしょうか。

それではよろしくお願い致します。
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 雇用・労働
専門家:  kionawaka 返答済み 5 年 前.

 最初の賃金締め切り日までと思いますので、8月20日~8月31日までの日割り計算になります。

 

 見習い期間とありますが、試用期間になります。通常3か月です。

試用期間といえども、雇用保険は雇入れた日から加入の義務がありますから、資格取得の義務が会社にあります。

 

 辞めた後の失業給付の受給権は被保険者期間6か月であり(離職の日以前1年間(=算定対象期間)に被保険者期間が通算して6か月以上)、3か月では発生しませんが、それにしても、加入の義務はあります。

 

 一カ月前までの解雇予告なき場合、解雇予告手当が発生します(労基20条)。

この適用除外として、試みの使用期間中の者がありますが、これとても、14日を超えて使用されるに至ったときは、適用除外からはずれ、原則に戻って解雇予告が必要です(労基21条但書)。

 

 試用期間中の解雇については、解雇事由が就業規則に明定されていない限り違法となる可能性があります。その場合、一般の解雇より企業の裁量の余地はありますが、自由に解雇できるものではなく、解雇権濫用法理の類推が可能です。

 

 内定時、試用期間中、正社員で、解雇事由の広さ、地位の安定度が異なります。

採用内定の者は、解雇事由は広く、地位の安定度は低いです。試用期間中は、解雇事由は内定よりは狭く、地位の安定度は高まります。正社員は解雇事由は狭く解され、地位の安定度は高いです。

 

 

 

 

>>企業側の労働社会保険手続き代行のみならず、従業員側の個別労働関係民事紛争の相談・解決にも積極的に応じています。

雇用・労働 についての関連する質問