JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
sin4864に今すぐ質問する
sin4864
sin4864, 社会保険労務士
カテゴリ: 雇用・労働
満足したユーザー: 343
経験:  労働問題の専門家として23年の経験がある特定社会保険労務士です。
61543350
ここに 雇用・労働 に関する質問を入力してください。
sin4864がオンラインで質問受付中

特別養護老人ホームに勤務している介護士です。12月いっぱいでの退職を考えています。退職理由は、「厚労省基準違反」と「

解決済みの質問:

特別養護老人ホームに勤務している介護士です。12月いっぱいでの退職を考えています。退職理由は、「厚労省基準違反」と「行政への虚偽の報告」その他利用者への対応に関するこ とです。就業規則には、1ヶ月前までに、所定の様式により、退職願を提出しなければならない、と書かれています。ケアに関することで意見を言ったりしたときのことを思い返してみても、大騒ぎになるだろうと予測できます。退職の意思を伝えてから退職するまで、なるべく短い期間で済ませたいと思っています。民法の規定である2週間というのは、この場合使えないのでしょうか。あるいはもっと早くに退職することは不可能でしょうか。
又、就業規則には、賃金の計算方法その他締め切りなど、全く記載されていないのですが、これは絶対的明示事項ではないのでしょうか。
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 雇用・労働
専門家:  sin4864 返答済み 5 年 前.

どんな場合でも、たとえば「就業規則で1ヵ月前に申し出ること」と規定されていたとしても、退職を申し出て2週間経過すれば、雇用契約は法的には終了します。したがって、誰がなんと言おうと、人間関係も関係が無いというのなら、退職は可能と言うことになります。

賃金について、貴方のご質問の例示の「賃金の計算方法その他締め切りなど」は、就業規則の絶対的記載事項ですから、これが書かれていない就業規則はあり得ません。故意にみせないようにしているか、あるいは届出そのものを怠っている可能性が考えられます。

sin4864をはじめその他名の雇用・労働カテゴリの専門家が質問受付中

雇用・労働 についての関連する質問