JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
takatsukasaに今すぐ質問する
takatsukasa
takatsukasa, 社会保険労務士
カテゴリ: 雇用・労働
満足したユーザー: 638
経験:  人事労務管理において18年間従事
61975128
ここに 雇用・労働 に関する質問を入力してください。
takatsukasaがオンラインで質問受付中

昭和25年生まれの60歳です。1年契約の継続雇用中ですが、契約期間満了後は更新をしない旨を言い渡されました。高齢者雇

解決済みの質問:

昭和25年生まれの60歳です。1年契約の継続雇用中ですが、契約期間満了後は更新をしない旨を言い渡されました。高齢者雇用安定法により65歳まで働けると思っていました。理由は会社業績不振です。他に60歳以上の人はいますが、私だけが。会社に異議申し立てを行いましたら、私の評価が低いと言い出しました。法律的手段を取ることも考えていますが、どちら側に言い分が正しいでしょうか。
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 雇用・労働
専門家:  takatsukasa 返答済み 5 年 前.
高齢者雇用安定法により、定年の引き上げ や継続雇用制度の導入が義務付けられてますので会社は何らかの措置を取る必要があり、貴方の会社では継続雇用を導入されているようですね。その場合、労使協定により基準を定めれば、すべての人を対象としないこともできます。ご質問の内容からは、「会社業績不振」「評価が低い」など基準がはっきりしていないようですね。そのため基準が無いのであれば、希望者全員を対象としなければいけません。
各都道府県の労働局において、「都道府県労働局長による助言・指導」もしくは「紛争調整委員会によるあっせん」の相談をしてみましょう。こちらは無料で、雇い止めなどについて相談等に乗ってくれる制度です。
詳細は下記サイトをご参照ください。
http://www.mhlw.go.jp/general/seido/chihou/kaiketu/
takatsukasaをはじめその他名の雇用・労働カテゴリの専門家が質問受付中

雇用・労働 についての関連する質問