JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
beallears-srに今すぐ質問する
beallears-sr
beallears-sr, 社会保険労務士
カテゴリ: 雇用・労働
満足したユーザー: 146
経験:  法学部卒業
62487826
ここに 雇用・労働 に関する質問を入力してください。
beallears-srがオンラインで質問受付中

お世話になります。 私は建築設備工事会社に勤務する者です。 勤続26年になります。 入社当時は現場作業職で、給

質問者の質問

お世話になります。
私は建築設備工事会社に勤務する者です。
勤続26年になります。
入社当時は現場作業職で、給与は「日給月給」により働いた分は時間外手当を含めてすべて支払いを受けておりました。
平成10年頃より営業職となり、同15年頃より営業部長と言ういわゆる中間管理職(取締役でない)になり現在に至っております。
お尋ねしたいのは時間外手当についてです。
営業職という立場上、勤務時間が極めて不規則で、当然夜は遅く休日は頻繁に出勤と言う状況です。
会社からは、「時間外手当ては払えないから、段取りを付け て適当に休め」と言われますが、なかなかそれも難しく、毎月「泣き寝入り」状態です。
もちろん業務日報は提出し、勤務時間等も細かく記入しております。
当然有給休暇などほとんど取れません。
平均すると、毎月約40時間程度の時間外勤務があります。
先月はほとんど休日も取れず、時間外労働時間が約72時間ありましたが、やはり他の月と同じ額しか支給されませんでした。
私の基本月額は35万円ですが、この場合例えば先月の時間外手当が支給されたとすればどのくらいになるのでしょうか。
また、以前閲覧した就業規則には、課長職手当て3万円、部長職手当て5万円と書いてありましたが、それも支給を受けておりません。
今のような状況は労働法上違法ではないのでしょうか。
教えてください。
投稿: 6 年 前.
カテゴリ: 雇用・労働
専門家:  beallears-sr 返答済み 6 年 前.

回答させていただきます。

 

まず、すごく大雑把に計算すると

基本給35万円で(内訳に住宅手当や家族手当が入っていれば計算から除きます)

基本的に週40時間労働で基本給を設定しているとすれば

31日÷7日=4.42週×40時間=月に約177時間働いて35万円

よって時給1,977円×1.25=2,471円が残業代単価と考えることができると思います。

72時間残業したのであれば2,471円×72時間で、単純には177,000円くらいが

支払われることになるのかと思われます。

ここから就業規則や契約書上で残業代の意味を持たせて支給されていると考えられる

手当の金額を引いていくことになると不足分が出てくると思います。

(手当の解釈など考えず、あくまで単純に考えるとですが)

 

それは別と致しまして、就業規則に部長手当が書かれているのに支給されないのは

不思議です。よほど古い規則で経営者にも従業員にも周知されておらずたまたま

見つけたものでしょうか?そうではなく周知されていれば効力がありますので

その規定にそった支給を当然求められることになりますよ。

労働基準法24条の違反(賃金の全額払い)にもなります。ご自身で確認しながら

今後もしくは過去に遡る請求をしていく方法もあるでしょうし、話し合いにならなければ

監督署へ行って相談しても構わないと思います。

 

最後に、管理監督者についてですが、

労働基準法41条では、労働基準法の労働時間・休日などの規定を

「管理監督者」に適用しなくて良いとなっており、この「管理監督者」を会社が

独自にゆるく解釈して適用させてしまい名ばかり管理職になってしまうという

問題が、昨今は飲食店の店長さんなどの件で話題になっています。

簡単にご説明させていただきますと

本来この労働基準法41条の条文は、「その法人と一体となって動く程度の権限を持った

管理職」に対してまでも時間・休憩・休日の法律を当てはめるのは、なじまないから

あるものです。

ですので、裁判例や行政通達でも

1、その法人と一体と捉えられる程度の権限(経営者レベルということです)があること、

2、自己の出勤や勤務時間についてある程度の自由裁量があること

3、時間や休日の法律条文が適用されないため一般の従業員よりもある程度高い

役職手当が支給されていること

の3つがクリアされていないと認められない傾向にあり、判断基準・ポイントとなっています。

この判断は裁判なら裁判官が、行政レベルでは裁判よりは緩やかな判断になると

思いますが監督署が行うことになります。

 

以上、現在の残業代不払いについて・部長職手当が不支給について・

管理監督者なので時間や休日が管理されず残業代もつけないことについて、

いずれも労働基準法違反が考えられる問題と思いますので、

会社とお話し合いできる状況でなければ、給料明細や勤務表、辞令や就業規則

、契約書の写しなどお持ちになって、労働基準監督署へ

相談されるとよろしいと思います。

 

少し長文になってしまいましたが、ご参考になれば幸いです!

 

 

雇用・労働 についての関連する質問