JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
yspop2000に今すぐ質問する
yspop2000
yspop2000, 社会保険労務士
カテゴリ: 雇用・労働
満足したユーザー: 32
経験:  元労働局総合労働相談員、相談経験豊富。
62543453
ここに 雇用・労働 に関する質問を入力してください。
yspop2000がオンラインで質問受付中

もうすぐ定年を迎えます。入社時の説明の時に「定年後も嘱託という形で働けます。実際70歳の現役もいます」と説明を受けま

解決済みの質問:

もうすぐ定年を迎えます。入社時の説明の時に「定年後も嘱託という形で働けます。実際70歳の現役もいます」と説明を受けました。  実際現在の求人広告にも70歳で働いている職員もいます  と記載されています。

ところが、職員不足で求人広告もしているにも関わらず、定年後の条件提示が 定年後も就業希望jなら週2日のパートでお願いします、と言われました。

その条件ではとても生活が出来ません。会社の提示は受け入れなければいけないのでしょうか。
宜しくご回答をお願い致します。
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 雇用・労働
専門家:  yspop2000 返答済み 5 年 前.

こんにちは。

 

入社時に「定年後も嘱託で働ける・・・」という説明を受けたということですが、実際に、会社の就業規則や労働契約はどのようになっているのでしょうか?

 

また、65歳定年、65歳以上の継続雇用ということであれば、改正高年齢者雇用安定法による、雇用義務はありませんので、会社の任意な決め事になります。

 

就業規則に定年後の継続雇用について、きちんと、記載があればその規定をもとに労働条件が決められます。

 

一度、会社の就業規則を見てみることをお薦めします。

 

追伸:会社の提示を受け入れるかどうかは、相談者様の意思によります。

 

 

ご利用ありがとうございます。不明な点等ございましたら、遠慮なく再度の質問を御願い致します。
回答に御満足できましたでしょうか?
承認も宜しくお願い申し上げます。

質問者: 返答済み 5 年 前.

素早い回答を有難うございました。定年は60歳です。勤務先は病院母体の老人介護施設です。これまで看護師の嘱託の継続雇用はありましたが、介護士の定年後の再雇用は私が初めてということで、処遇の回答が出るまで半月以上時間がかかりました。

 

慎重に検討したい、言われて出された回答でした。面接時の説明、求人広告の文言から嘱託で給与が若干減っても…と思っていたので意外でした。特に社内の規定は無かったようです。

質問者: 返答済み 5 年 前.

素早い回答を有難うございました。定年は60歳です。勤務先は病院母体の老人介護施設です。これまで看護師の嘱託の継続雇用はありましたが、介護士の定年後の再雇用は私が初めてということで、処遇の回答が出るまで半月以上時間がかかりました。

 

慎重に検討したい、言われて出された回答でした。面接時の説明、求人広告の文言から嘱託で給与が若干減っても…と思っていたので意外でした。特に社内の規定は無かったようです。

質問者: 返答済み 5 年 前.

素早い回答を有難うございました。定年は60歳です。勤務先は病院母体の老人介護施設です。これまで看護師の嘱託の継続雇用はありましたが、介護士の定年後の再雇用は私が初めてということで、処遇の回答が出るまで半月以上時間がかかりました。

 

慎重に検討したい、言われて出された回答でした。面接時の説明、求人広告の文言から嘱託で給与が若干減っても…と思っていたので意外でした。特に社内の規定は無かったようです。

専門家:  yspop2000 返答済み 5 年 前.

回答致します。

 

定年60歳というと、その後の継続雇用義務があります。多くの企業の就業規則には定年制の廃止、定年の延長または継続雇用制度の導入がされています。

 

規程はないとのことですが、10名以上の従業員を雇用している事業場は就業規則の作成と労働基準監督署への届出義務があります。また、会社側には周知義務があります。閲覧請求をしても就業規則を見せてもらえない時は、事業場管轄の労働基準監督署へ相談し、開示請求をしてみたらいかがでしょうか?

 

会社に就業規則の閲覧を求めたにもかかわらず、会社側が拒否した場合、監督署に届け出ている就業規則を閲覧することが可能です。

 

就業規則に継続雇用制度等がない場合でも、現行の改正高年齢者雇用安定法に反しているので、行政に指導を求めることができます。

ただし、この法律はハローワークの管轄であるため、労働基準監督署では行政指導の対象外となります。

 

事業場管轄のハローワークか労働局職業安定部へ御相談下さい。

質問者: 返答済み 5 年 前.

回答、有難うございました。

 

夜勤の仮眠時間が2時間から1時間半に減らされ、サービス残業は当たり前といった職場環境なので、職員に納得のいく説明が出来ない会社であることは判っていましたが、就業規則を提示して説明が出来ないということは、整備された規則もないのかもしれません。

 

一応労働基準監督署、ハローワークに確認してみたいと思います。

 

最後に、給与の締め日が15日なのですが、誕生日を以って定年とする、と言われています。

誕生日は月末なので、締め日以降は日割り計算になると思うのですが、失業保険の算定基準の際、一カ月分の給与に満たない分で算定されるのは非常に不利になると思うのですが、この件はどこに確認したらよろしいのでしょうか。

専門家:  yspop2000 返答済み 5 年 前.

回答いたします。

 

雇用保険の受給に関することは、ハローワークになります。

yspop2000をはじめその他名の雇用・労働カテゴリの専門家が質問受付中

雇用・労働 についての関連する質問