JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
beallears-srに今すぐ質問する
beallears-sr
beallears-sr, 社会保険労務士
カテゴリ: 雇用・労働
満足したユーザー: 146
経験:  法学部卒業
62487826
ここに 雇用・労働 に関する質問を入力してください。
beallears-srがオンラインで質問受付中

失業保険の給付についての質問です。

解決済みの質問:

失業保険の給付についての質問です。 解雇予告通知書を会社よりもらった場合(解雇理由が就業規則の中で、能力不足や会社に損害を与えた場合)に、失業保険は通常の会社都合と同じように待機期間を完了すれば、支給されるのでしょうか。 宜しくお願いします。

投稿: 6 年 前.
カテゴリ: 雇用・労働
専門家:  beallears-sr 返答済み 6 年 前.

回答させたいただきます。

30日前に解雇予告があり解雇になったという事は

解雇通知書に、「懲戒解雇」とは書かれておらず

おそらく、「解雇」とのみ書かれているのではないですか。

そうであれば、質問者さんの退職時に

会社が離職票を作成してハローワークに提出するときに

ただの「解雇」にチェックをつけて提出すると思いますので

質問者さんがお考えの通り、通常の会社都合と同じように待機期間を完了してからの

給付制限(更なる待機期間のような期間)はなく失業の認定期間に入っていきます。

ただ、今回の解雇が万が一「懲戒解雇」であって離職票にも「懲戒解雇」として

記入されていれば、そのような扱いにはなりません。

この場合は、会社からもらった離職票と解雇通知書を持って、

まずハローワークに行きます。

担当窓口で、ご自身が今回の件は懲戒解雇ではないと思うのであれば

解雇通知書を見せてその旨主張して普通の解雇であった事を説明します。

ハローワークでそれが認められる流れになれば、会社へ連絡して訂正してもらう処理が

なされることになります。

(もっとも、解雇通知書でも懲戒解雇になっているなら、ハローワークでは覆せません。

その場合で、懲戒解雇になったこと自体が重過ぎると考えるのであれば、民事的に争って

懲戒解雇を撤回してもらい普通解雇にしてもらうしかありません。民事的にと言うのは、裁判や調停以外に都道府県労働局に相談したうえで行うことができる「あっせん」も含みます。)

以上、お役に立てば幸いです!

beallears-srをはじめその他名の雇用・労働カテゴリの専門家が質問受付中

雇用・労働 についての関連する質問