JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
takatsukasaに今すぐ質問する
takatsukasa
takatsukasa, 社会保険労務士
カテゴリ: 雇用・労働
満足したユーザー: 638
経験:  人事労務管理において18年間従事
61975128
ここに 雇用・労働 に関する質問を入力してください。
takatsukasaがオンラインで質問受付中

お世話になります。退職勧奨面談の件でご教示頂きたくお願いします。 先日、人事部から用件を告げられず、面談を要請さ

解決済みの質問:

お世話になります。退職勧奨面談の件でご教示頂きたくお願いします。
先日、人事部から用件を告げられず、面談を要請されました。
面談は今からです。恐らく退職勧奨面談とおもわれます。
会社に残る為の対策をご教示頂きたくお願いします。
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 雇用・労働
専門家:  takatsukasa 返答済み 5 年 前.
退職勧奨とのことですから、解雇とは違います。
会社としては、辞めてもらえませんか。と自ら辞職することを勧めることを退職勧奨と言います。
そのため「はい、分かりました」「退職します」等の承諾をしない限り大丈夫です。

詳しいことは分かりませんが、会社の経営状況の悪化等による場合には、
この後も退職勧奨が続くことはあるかも知れませんが、退職に伴う条件(退職金など)は悪くなることが多いでしょう。
質問者: 返答済み 5 年 前.
ご丁寧な御回答、有難う御座います。仮に解雇の
と言われた場合、対抗手段御座いますでしょうか。
専門家:  takatsukasa 返答済み 5 年 前.
解雇には、客観的、合理的な理由が必要となるため簡単にはできません。
まず言えることは、自分から絶対に辞めると言わないことが大切です。

そうなると、会社としては解雇するしか方法が無くなります。
解雇されたときは不当解雇として、例えば労働局のあっせんなどの制度を利用することができます。
takatsukasaをはじめその他名の雇用・労働カテゴリの専門家が質問受付中

雇用・労働 についての関連する質問