JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
yspop2000に今すぐ質問する
yspop2000
yspop2000, 社会保険労務士
カテゴリ: 雇用・労働
満足したユーザー: 32
経験:  元労働局総合労働相談員、相談経験豊富。
62543453
ここに 雇用・労働 に関する質問を入力してください。
yspop2000がオンラインで質問受付中

お世話になります。 私は貿易関連の事務所で営業担当を行なっているものです。 父親が経営者で息子の私が実務全般

解決済みの質問:

お世話になります。

私は貿易関連の事務所で営業担当を行なっているものです。
父親が経営者で息子の私が実務全般を担当して参りました。
今年に入り、会社の業績悪化のため、総務・経理を担当していた方を
社長が半ば強引に解雇してしまい、その方がやっていた業務を
私がやらされているのですが、これを拒否することはできますか?

社長は「これは業務命令だ」の一点張りでこちらの意見を聞く耳を持ちません。
おそらく親子であるという甘えもあるのだと思います。

ご解答、よろしくお願いします。
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 雇用・労働
専門家:  yspop2000 返答済み 5 年 前.

こんばんは。

 

回答致します。

 

ちなみに、お父様とは同居でしょうか? そして、ご相談者様は登記された役員でしょうか?

もし、上記のような状況であると、労働基準法の適用はありません。

 

仮に、上記と異なる状況・・・「一般の労働者」と同様の状況であれば、労基法が適用になりますが、今回のケースですと業務の過多による、時間外労働の急激な増加により「36協定」の限度時間を超えてしまうような場合、労働基準監督署の調査対象となり得ます。

 

あるいは、「労働条件の不利益変更」・・・当初の労働契約に記載された、業務とは異なる業務を命じられたことによる、労働契約法違反による、民事的な解決方法が考えられます。

 

命じられた労働を拒否するには、労働契約に記載された業務内容とは異なる業務、社会通念上、どう考えてもおかしいと思われるような場合は拒否しても構わないと思います。

 

まずは、労働局または事業場管轄の労働基準監督署の総合労働相談コーナーに御相談することをお薦め致します。

 

 

御利用ありがとうございます。不明な点等ございましたら、遠慮なく再度の質問を御願い致します。
回答に御満足できましたでしょうか?
承認も宜しくお願い申し上げます。

yspop2000をはじめその他名の雇用・労働カテゴリの専門家が質問受付中

雇用・労働 についての関連する質問