JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
beallears-srに今すぐ質問する
beallears-sr
beallears-sr, 社会保険労務士
カテゴリ: 雇用・労働
満足したユーザー: 146
経験:  法学部卒業
62487826
ここに 雇用・労働 に関する質問を入力してください。
beallears-srがオンラインで質問受付中

会社内の部長会にて、社長が従業員の前で、土曜臨時出勤扱いについては月給者に対して手当てを出すと言う話がありました。(

解決済みの質問:

会社内の部長会にて、社長が従業員の前で、土曜臨時出勤扱いについては月給者に対して手当てを出すと言う話がありました。(今、私の会社は自動車の繁忙により、全土曜が全員出勤扱いになっています。9月は節電の輪番休日で金曜全休、木曜は隔週休みの設定でしたが、木曜は全て出勤 。10月は1日の土曜のみで後は全部出勤という状況です。)月給者は、全員手当てが出るものと思ってましたが、10/25の給料日の明細を見たところ、手当てが付いておらず、他の人に10/26聞いたら、課長以上は対象外とのことでした(私の役職は次長です)。会社からは何の説明もありません。元々、私の会社は土曜休みが少なく、隔週休みで、臨時出勤扱いは1~2日のみですが、説明がないというのは解せません。多少は、期待してところもあり、本当に不愉快です。こういうことは、匿名希望で労働基準局などに訴えることはできるのでしょうか?また、タイムカード者に対して残業手当も付かない状況も頻発にあるようです。
ご回答宜しくお願いいたします。
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 雇用・労働
専門家:  beallears-sr 返答済み 5 年 前.

回答させていただきます。

 

会社の「課長以上は対象外」というのは、おそらく、労働基準法41条に書かれている

「監督もしくは管理の地位にあるものに労働時間・休憩・休日の規定は適用しない」という

条文を会社が誤解もしくは会社の良いように解釈しているからだと思います。

これは、飲食店などで、いわゆる名ばかり管理職などと昨今問題になっていたものと

似ているケースです。

 

本来この法律の条文は、「その法人と一体となって動く程度の権限を持った管理職」に対してまでも時間・休憩・休日の法律を当てはめるのは、なじまないからあるものです。

ですので、裁判例や行政通達でも

その法人と一体と捉えられる程度の権限(経営者レベルということです)があること、自己の出勤や勤務時間についてある程度の自由裁量があること、時間や休日の法律条文が適用されないため一般の従業員よりもある程度高い役職手当がしきゅうされていること、この3つがクリアされていないと認められない傾向にあり、判断基準・ポイントとなっています。

この判断は裁判なら裁判官が、行政レベルでは裁判よりは緩やかな判断になると思いますが監督署が行うことになります。

 

労働基準監督署に「通報したい」ということで相談すれば、調査対象にしてもらうことは

可能と思いますよ。ただ、細かな調査を求める場合には、名前を出すことを勧められるかも

しれません。

匿名でお願いしても、おそらく対応はしてくれるはずですが、通報者の名前が分からないようにする為に調査が控えめになるようです。しかし、タイムカード者についても残業代なしは

分かりやすい違反なので、監督署も対応がしやすいのではないでしょうか。

 

まずは、相談してみてください。

ちなみに「うちの会社ではこんなことがあった~」などと

相談するより、「タイムカード者の打刻時間通りに残業代が払われておらず、一定の役職者にも残業代がつかないので調査して欲しいのですが・・・」と明確に相談したほうが

扱われやすいですよ!

 

以上、お役に立てば幸いです。

beallears-srをはじめその他名の雇用・労働カテゴリの専門家が質問受付中

雇用・労働 についての関連する質問