JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
beallears-srに今すぐ質問する
beallears-sr
beallears-sr, 社会保険労務士
カテゴリ: 雇用・労働
満足したユーザー: 146
経験:  法学部卒業
62487826
ここに 雇用・労働 に関する質問を入力してください。
beallears-srがオンラインで質問受付中

雇用形態:試用期間。 10月4日より、勤務。 雇用契約書のサインはしていない。就業規則の説明、明示なし。一部

質問者の質問

雇用形態:試用期間。
10月4日より、勤務。

雇用契約書のサインはしていない。就業規則の説明、明示なし。一部、隔週週休2日は、聞いている。

仕事の内容:住環境コーディネート(介護保険住宅改修)

現場調査から、見積もり、図面作成、介護保険制度の提出用書類の作成、現場施工

手すり取付、床の張り替え、引き戸の取付などをやっている。

自己紹介。
2級建築士、インテリアコーディネーター、福祉住 環境コーディネーター2・3級保有。
2年9か月:社会福祉協議会勤務
17年:大工工事を専門に職人を経験。


質問は、試用期間中に退職したい。
理由。

○雇用契約書のサインはしていない。就業規則の説明、明示なし。

○就業トラブルが以前からあるらしく、引き継ぎ(4か月目の方)が万全でなく、不備があるまま、説明されて、自分の否があるように言われる。

○パワハラ・・・挨拶、礼儀を重んじてきていましたが、以前、職人をしているからか、掃除しない、あいさつしない、言葉遣いがなっていないと、存在否定される。
こなしているけれど、言われる。勿論、反論してます。

○携帯電話・・・私用電話で業務(全般)連絡をさせられる。

○残業・・・・サービス残業が暗黙のルールで、一日3~4時間サービス残業。
通常、9:00~18:00
実際、7:30~21:00
タイムカードがなく、自己申請する書類に記入することになっている。
ここで、時間外勤務を書き込まないのが、暗黙のルールになっていて、書けない。

産業廃棄物処理:建設で排出している、段ボール、ビニール、紙、絨毯などを一般のごみで出すように、強要させられる。相当でるので、出せないと思うのですが。
違法なので、反論するつもりです。

以上です。

契約書にサインや印鑑を押していません。
もう、精神的に行く気が起きません。周りの社員には、辞めることは言っています。
あとは、明日、社長が不在ですが、退職願いを出します。
そこで、民法通り、2週間後の日付にする必要や、退職願いを提出する会社なのでしょうか?
仮に、退職願を出したとしても、2週間通勤する必要がありますか?
不法を強要されるのが、苦痛です。
投稿: 6 年 前.
カテゴリ: 雇用・労働
専門家:  kasoliciter 返答済み 6 年 前.

そうですね、出来得るならば民法で、2週間経過後に、契約を取消できるとしておりますので、2週間はお勤めなさる必要はあります。

しかし、現実問題としてどうしても行くことが難しいならば、その旨を説明しておいた方がいいでしょう。契約書に印鑑やサインを押していないとのことですが、かなり違法行為の多い会社のようですから、労働基準監督署にも相談した方がいいでしょう。

質問者: 返答済み 6 年 前.

再投稿:回答が不完全. 口頭の約束は、契約したものとみなすという、民法上のみなし規定があるのかが、ポイントの様な気がします。ろくな説明なしで、暗黙のルールに従って、2週間も勤務する必要性を感じていません。違法行為をするということですよ。法律が甘いということですかね?それは、個人の英知を尊重しているから、法律が甘いのは承知しています。なんでも、がんじがらめにする必要ないし。民法に従って、2週間勤務する必要性がわかりません。

労働条件の明示がされてない。

一部、ハローワークの求人をみて、承諾していることの故は言ってます。

労働基準法15条2項の、前項の規定によって明示された労働条件が事実と相違する場合においては、労働者は、即時に労働契約を解除することができる。

が正当な理由になると思うんですが。

そもそも、明示、契約してないし。

それに、違法を強要されてるにも関わらず、民法が強いのか?

精神的苦痛を受けているのに、理解できない。

判例がすべてとも思えない。

 

 

専門家:  beallears-sr 返答済み 6 年 前.

回答させていただきます。

 

できるだけポイントを絞って、理屈に現実的な部分も加えて、ご説明したいと思います。

 

まず、前提として契約は口頭でも成立します。ただ、いざ争いになったときに書面がないと、お互いに立証しづらく揉めやすいので、重要な契約にはお互いの任意で書面を用いるということになります。もっとも、契約の中には民法よりも強い法律で書面が義務つけされているものもあり、質問者さんがおっしゃるとおり労働基準法15条にいう労働条件通知書もその1つです。ですので会社は労基法に違反していることになります。

 

次に、退職時のルールですが、合意解約(労・辞めたい→会社・いいですよ→労・では〇月〇日退職ということで→会社・分かりました)であれば〇日前と制限されること無く契約解除可能です。しかし同意が取れない場合は次のルールを根拠に退職するのが一般的です。

「民法627条・雇用契約解除は申し出して2週間経過すると解除できる。」

 

なぜこの考えに行き着くかというと→合意なく一方的に契約を解除するのは契約の不履行になるからです。それによって相手からの賠償請求が考えられるため、最低限、民法規定は守っていると主張することによって責任を回避できると考えるからです。

ただ、今回の場合はおっしゃるとおり相手にも非があるとすれば(労基法15条2やその他労基法違反行為、産廃の件など)揉めたときには相殺されると思われます。実際はお互いに、証拠があるのかとか、言った言わない、になる可能性もありますが。

 

以上が法律の考え方ですが、現実的にはどうか

経験上、前述のように自分達の非を考えて(そこまで調べず非と思っていない可能性もあり)対応してくる会社は稀なので・・・

 

民法や社内ルールを守らず退職する→会社は文句を言う→従業員側は労基法違反その他があった事を主張→軽く喧嘩状態になる→給料日になぜか給料が払われない(もちろん違反です)→給料日以降に監督署に行くと給料の件を指導してくれるので数日後には支払あり→監督署へついでに時間外労働の相談→質問者さんが会社に対して簡単に計算して請求しても精算されない場合は監督署が調査、証拠がつかめれば指導され残業代支払いされる可能性あり。

他に、求人情報の掲載の誇張表現(誤り)についてはハローワークへ行き苦情→ハロワが会社に軽く指導して求人内容が次回から近いものになる可能性 また、会社での苦痛(いわゆるパワハラ)については、ある程度の証拠があれば、労働局の相談コーナーで話を聞いてくれ、争う気があれば無料の「あっせん」(調停の簡易版)を紹介してくれる。労働局でなく弁護士などに相談でも裁判・調停も可能(お金かかるが酷いものならこちらの方が制度的に強い)

 

といったところと思います。

 

最終的に、様々なポイントで質問者さんの考え方が正当と判断される可能性は高いと思います!

しかし、前述のとおり、法律の強制力は事後に効果が現れますので、揉めてしまうとそこに至るまでに労力がかかることは確かです。最終的には、ここをどう考えるかになるのだと思います。ですので、なるべく揉めず労力をかけたくなければ2週間を守るのも選択肢の1つにはなります。

どうしても早期に退職するなら、一番良いのは、退職前に自信を持って正当性を主張(言葉のほか、例えば退職届の文中に文書でなど)しておいて、相手から「この従業員はしっかりしていて、小さなことで争うと面倒だから深追いしないようにしよう」と思わせて、トラブルにしないで終わらせてしまうことだと思います。

なお、退職時には、相当円満な退職でなければ、お互いに気まずさが残るのは避けられないと思います。

 

以上、長文になってしまい申し訳ありません。

お役に立てば幸いです。ご健闘お祈りいたします。

beallears-sr, 社会保険労務士
カテゴリ: 雇用・労働
満足したユーザー: 146
経験: 法学部卒業
beallears-srをはじめその他名の雇用・労働カテゴリの専門家が質問受付中

雇用・労働 についての関連する質問