JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
sin4864に今すぐ質問する
sin4864
sin4864, 社会保険労務士
カテゴリ: 雇用・労働
満足したユーザー: 343
経験:  労働問題の専門家として23年の経験がある特定社会保険労務士です。
61543350
ここに 雇用・労働 に関する質問を入力してください。
sin4864がオンラインで質問受付中

/

質問者の質問

老人ホームで介護職として勤 務しております。10/5勤務中の事故で右肩を怪我しました。
右腕を動かすと痛むため、休暇を取りたかったのですが、『休むなら、○○さんに頭を下げてもう少し居てもらうつもり』と言われ、痛みを堪えて勤務せざるをえない状況です。
○○さんとは、10/15付で退職した職員です。
介護の現場は人手不足で、当施設も例外ではなくギリギリの人数です。

また、10/28に通院するので休ませてほしいと、10/13に上司に届出をしていたにも関わらず、シフト表を見ると出勤にされており、それを見た私は『先日、28日は通院なので休ませてほしいと言ってあったのに、出勤しないといけませんか?』とその上司に問うと、有給休暇扱いにされました。

私の考え方が間違っているのかもわかりませんが、勤務中の事故なので、勤務中に通院させてほしいと思っています。事前に休みを依頼していたのに、上司はそれを忘れていたらしいのですが、忘れていたということを認めません。

有給休暇をこんなことに使いたくないと思っています。
法的には、どうなんでしょうか?
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 雇用・労働
専門家:  takatsukasa 返答済み 5 年 前.
勤務中のケガということなら、労災扱いになります。
病院についても、治療費については労災から出ます。 会社で5号様式という書類を作成してもらい、病院に提出してかかりましょう。
有給休暇を使うかどうかについては貴方の判断にはなります。
貴方が有給を使いたくないとのことで、給料の支払いが無いとのことであれば、 会社が休業補償しなければなりません。
(休業補償)
労働基準法第七十六条  労働者が前条の規定による療養のため、労働することができないために賃金を受けない場合においては、使用者は、労働者の療養中平均賃金の百分の六十の休業補償を行わなければならない。
質問者: 返答済み 5 年 前.

ご回答ありがとうございます。

私の説明が不足していました。

すでに労災の扱いになっており、治療費は負担しておりません。

 

私が聞きたかったのは通院の日に有給休暇を使うのが、

労災の場合妥当なのかということです。

 

自己判断ということでしょうか?

 

また、今回の事故で上司が嫌がらせとも思える態度をとられています。

パワハラの定義を教えてください。

 

専門家:  takatsukasa 返答済み 5 年 前.
有給を使わない場合は、会社は休業補償で6割の支給で済む訳です。
給料を満額欲しいのであれば、有給休暇を使うことも可能です。
減額が嫌なら有給を使うのは妥当です。
パワハラについては、法律で定義されていません。
そのため、具体的な事例はなく個別の判断となります。
後日揉めた際の証拠となるため、事実の記録(メモ・ICレコーダーによる録音)をすることをお勧めします。
質問者: 返答済み 5 年 前.
私が聞きたい内容に対する回答ではなかったです
専門家:  sin4864 返答済み 5 年 前.

つまり、通院日は有給扱いで無く、欠勤扱いにしてほしいということですね。有給休暇は労働者の請求によって取得されますから、希望しなければ消化されません。

「私の考え方が間違っているのかもわかりませんが、勤務中の事故なので、勤務中に通院させてほしいと思っています。」

勤務時間中の通院はよくあることですが、基本的には、その時間に対して、それがたとえ労災であったとしても給与の支払い義務はありません。しかし、1~2時間程度の常識的範囲であれば、通院を認めるのが慣例というか普通です。ただ、通院の為に1日休むとなると、欠勤扱いになるのはやむを得ないでしょう。

結論は、「欠勤扱いで良いから、有給休暇は使いたくない」と貴方が言えば、いいと思いますよ。

sin4864, 社会保険労務士
カテゴリ: 雇用・労働
満足したユーザー: 343
経験: 労働問題の専門家として23年の経験がある特定社会保険労務士です。
sin4864をはじめその他名の雇用・労働カテゴリの専門家が質問受付中

雇用・労働 についての関連する質問