JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
beallears-srに今すぐ質問する
beallears-sr
beallears-sr, 社会保険労務士
カテゴリ: 雇用・労働
満足したユーザー: 146
経験:  法学部卒業
62487826
ここに 雇用・労働 に関する質問を入力してください。
beallears-srがオンラインで質問受付中

退職時の有給休暇を消化中に別の会社に就職することは違法なのでしょうか? また、雇用保険や社会保険の加入がダ

解決済みの質問:

退職時の有給休暇を消化中に別の会社に就職することは違法なのでしょうか?


また、雇用保険や社会保険の加入がダブってしまい、前の会社の退職日を変更する事により有給休暇分の賃金は返さないといけないのでしょうか?
投稿: 6 年 前.
カテゴリ: 雇用・労働
専門家:  beallears-sr 返答済み 6 年 前.

 

有給休暇は、出勤予定日を休日としても賃金が補償される権利ですので

出勤予定日があること前提=雇用契約期間中でなければ使用できません。

 

基本的に掛け持ちが可能なアルバイトさんなどは別としても

社員の方はご質問にもあるように、実務上社会保険関係の手続もありますし

就業規則等で兼業は禁止されていることがほとんどですので

2社の在籍がダブることは無く

前職の退職日の翌日=現職の入社日と考えるのが通常と思います。

よって、前職を退職後は前職の有休は使用できないと通常は考えます。

 

理屈の上ではどうか、たとえば兼業が可能な前提で2社に在籍し

1つの会社で有休を消化というのが労基法に反するかと考えた場合ですが

微妙な問題であり、これにはいろいろな考え方もあると思います。

労基法では有休の消化理由は自由となっているため100%否定することは

できないですが、労基法の有休のもともとの趣旨(法違反とまでいえない)から

考えた場合、体を休めてリフレッシュするための休暇に対して賃金を

補償するものですから、体を休める趣旨には合致せず、補償の面でも

もう1社の方から賃金が発生することになれば

趣旨に反することになると考えられます。

 

以上、お役に立てば幸いです。

 

 

beallears-srをはじめその他名の雇用・労働カテゴリの専門家が質問受付中

雇用・労働 についての関連する質問