JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
beallears-srに今すぐ質問する
beallears-sr
beallears-sr, 社会保険労務士
カテゴリ: 雇用・労働
満足したユーザー: 146
経験:  法学部卒業
62487826
ここに 雇用・労働 に関する質問を入力してください。
beallears-srがオンラインで質問受付中

簡潔に記入いたします。よろしくお願いします 11日に上司へ退職の旨を間接的に相談 12日に上司と退職の件で話

解決済みの質問:

簡潔に記入いたします。よろしくお願いします

11日に上司へ退職の旨を間接的に相談
12日に上司と退職の件で話し合い。結果即日退社
   ↑は雇用契約に違反に違反しますか。    


誓約書の記入捺印を求められる。内容は常識的なもののほかに
               本社へこの案件で連絡するな
                上司を仲介役にし窓口とする。
             という文書。
↑これは誓約書として効力発揮し、逆らえませんか?

後日寄与品返却のため上司に合う。
この日も新たな誓約書に記入捺印求められ渋るとさらに上の上司から
連絡があり、最後位社会人として常識的に考えろよ。と言われ
仕方なく署名捺印する。
 この誓約書には 「離職後の各種書類・給与支給の遅延(賠償請求のため)
           賠償請求の決定等に対し文句を言わない」という書類です
↑これは合法ですか?

内容証明などでアクションとったりしたらさらに契約違反となり損害賠償求められますか?

支給お願いします
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 雇用・労働
専門家:  beallears-sr 返答済み 5 年 前.

お疲れ様です。

回答をお急ぎのようですので、なるべく要点を絞って回答させていただきます。

 

まず、退職するときのルールは下記の通りです。

 

会社の就業規則にルールがある場合・・・その期間(例えば1ヶ月前の申し出など)を守って退職を申し出たうえ退職。ただし、1年前に申し出など常識的(裁判例などで判断すること)に長いと考えられるルールは定めてあっても民法上無効になる。

 

会社にルールが無い場合で月給者の場合・・・民法が適用になり、給料の締め切り期間の前半に申し出てその締め切り日が退職日となる(例 末締め→10日払いの会社だと、9月5日に辞めたいと思ったら9月15日までに「9月30日で退職いたします」と書いた退職届を提出すると9月30日で退職になる。9月15日を経過してしまった場合は次期の10月31日までもちこしての退職。

 

会社にルールが無い場合で時給や日給者の場合・・・民法が適用になり、申し出から2週間経過した日が退職日になる。(例 9月5日に退職したいと思い6日に「9月20日で退職いたします」と書いた退職届を提出すると9月20日で退職になる。月給者のように締め日にしばられない)

 

※退職とは契約を解除する事なので、いずれの場合も期日を守れば一方的に解約ができるということです。なお、一方的に退職する必要が無ければ、契約相手(会社)と話し合って退職日を決め、合意を取り付ければ「合意退職」となり上記で説明したような退職日まで何日必要という考え方はいりません。会社と従業員さんの双方が常識的な考えを持っていれば普通は合意退職となるはずで、法律の期日を持ち出さなくても良いということになります。

 

「退職手続に違反は無いか」についての結論ですが

質問者さんと上司のやり取りが上記に言う「合意退職」と考えられるなら、退職方法に問題はありません。ただし気になるのは雇用契約の解除は会社と従業員が合意するものなのでその上司の方が貴社においてど こまで人事の権限があるのかという事です。退職の了解や手続の権限を誰に一任するかは会社が決めることなので、この辺は会社がどう考えているかによります。一言でいいますと、この退職手続が雇用契約に違反しないと判断されるのは質問者さんが「12日に人事の権限がある上司と話をして合意退職に至った」と主張してとおった場合、とおした場合、ということになります。

 

続いて誓約書ですが、きちんと意思表示できる成人が署名や捺印した場合はその書類は基本的に有効です。詐欺や脅迫の場合には立証できてれば少し労力をかけて取り消したりできると思います。また、その書類内容についても非常識な部分があれば(何らかの法律に反しているものや裁判例に大きく反するものなど)その部分は無効になります。

 

「誓約書1回目と2回目」あわせてについての結論ですが

誓約書は、いざ争いになったときに、書かれている内容によって物やお金、権利が動く場合には意味を成しますが、それ以外の例えば「上司と話をしない」「窓口はだれ」などは単純に大人の信頼関係として約束した事を守ってもらう証明書と考えて差し支えないと思います。

 

そうなると気になるのは、1、「退職後の書類と給料の遅れ」そして、2、「賠償の請求」ですが、1については誓約書があっても労働関係の法律に照らして遅れてよいものではありませんので通常の期日どおりに請求し受け取りして構いません。ただし、給料について具体的に例えば「10日払いの給料は受け取りを延期し20日とし、金額も半額の受け取りは辞退する」などと書かされたのであれば覆すのは相当な労力がいるかもしれません。

2、については何についての賠償か分かりませんが、なんにせよ、賠償金額を給料から控除して支払うことは労働基準法違反となり認められないので、そのように伝えて全額を貰いましょう。もし控除されたまま解決しなければ労働基準監督署へ行きましょう。

なお、賠償額を給料から控除はできないのですが、給料を払った後で改めて質問者さんに請求がくることは全く違法ではありません。本当に心当たりのある金額であれば会社と質問者さんが話し合い一定の金額を支払う必要はあります。ただ、その金額に全く心当たりが無いか、金額の設定が怪しい場合には弁護士、司法書士、行政書士の民事に専門家に相談してから回答や交渉したほうが良いでしょう。

 

以上、簡単ではありますが、お役に立てれば幸いです!

 

 

 

質問者: 返答済み 5 年 前.
早々の回答ありがとうご ざいます。しかしながら、疑問点がありますので回答を求めます。もし回答に満足できましたらその時は承諾させていただきます。お付き合いをお願いします。


合意退職か?について
これについては権限のある上司か分かりません。必ず何かの相談は直属の上司に申し出ろとその上司に言われていたので。また、その上司を通り越しその上の上司に相談はするなと言われていました。
二点目ですが、正社員雇用になるときに雇用契約書をいただけませんでした。今もってるのは試用期間中の契約書で契約事態が正社員のものと異なります。入社時に正社員になるときには新たに製作する旨は聞いていたのですが頂けませんでした。


誓約書1について
誓約書の上司を窓口には守らなきゃ行けませんか?本社に退職を受理していただいたかの旨をきいてはいけませんか?

契約書2について
労働基準法に基づき請求しても平気ですか?その際内容証明で本社に送った場合なにか不都合はありますでしょうか?また、夜勤の手当てはもとい賃金さえをもらったことがありません。計算すると約12万にもなります。完全月給制だともらえないのですか?入社時は最初のつきは基本給が減らされてましたので、完全月給制じゃないと思うのですが


この案件すべてに対し、入社時の身元保証人、連帯保証人に対し迷惑をかけることはありますか?


こちらも急ぎです。
給料日が元々25日なので入金されないと死活問題です。大事にはしたくないのですが、この度の退職を本社が知っているのか気になります。またその上司に請求されるがまま社会保険証を渡してしまったので変な話悪用されないか心配です。

本社は大阪、職場は千葉です

よろしくお願いします
質問者: 返答済み 5 年 前.
早々の回答ありがとうございます。しかしながら、疑問点がありますので回答を求めます。もし回答に満足できましたらその時は承諾させていただきます 。お付き合いをお願いします。


合意退職か?について
これについては権限のある上司か分かりません。必ず何かの相談は直属の上司に申し出ろとその上司に言われていたので。また、その上司を通り越しその上の上司に相談はするなと言われていました。
二点目ですが、正社員雇用になるときに雇用契約書をいただけませんでした。今もってるのは試用期間中の契約書で契約事態が正社員のものと異なります。入社時に正社員になるときには新たに製作する旨は聞いていたのですが頂けませんでした。


誓約書1について
誓約書の上司を窓口には守らなきゃ行けませんか?本社に退職を受理していただいたかの旨をきいてはいけませんか?

契約書2について
労働基準法に基づき請求しても平気ですか?その際内容証明で本社に送った場合なにか不都合はありますでしょうか?また、夜勤の手当てはもとい賃金さえをもらったことがありません。計算すると約12万にもなります。完全月給制だともらえないのですか?入社時は最初のつきは基本給が減らされてましたので、完全月給制じゃないと思うのですが


この案件すべてに対し、入社時の身元保証人、連帯保証人に対し迷惑をかけることはありますか?


こちらも急ぎです。
給料日が元々25日なので入金されないと死活問題です。大事にはしたくないのですが、この度の退職を本社が知っているのか気になります。またその上司に請求されるがまま社会保険証を渡してしまったので変な話悪用されないか心配です。

本社は大阪、職場は千葉です

よろしくお願いします
質問者: 返答済み 5 年 前.
早々の回答ありがとうございます。しかしながら、疑問点がありますので回答を求めます。もし回答に満足できましたらその時は承諾させていただきます。お付き合いをお願いします。


合意退職か?について
こ れについては権限のある上司か分かりません。必ず何かの相談は直属の上司に申し出ろとその上司に言われていたので。また、その上司を通り越しその上の上司に相談はするなと言われていました。
二点目ですが、正社員雇用になるときに雇用契約書をいただけませんでした。今もってるのは試用期間中の契約書で契約事態が正社員のものと異なります。入社時に正社員になるときには新たに製作する旨は聞いていたのですが頂けませんでした。


誓約書1について
誓約書の上司を窓口には守らなきゃ行けませんか?本社に退職を受理していただいたかの旨をきいてはいけませんか?

契約書2について
労働基準法に基づき請求しても平気ですか?その際内容証明で本社に送った場合なにか不都合はありますでしょうか?また、夜勤の手当てはもとい賃金さえをもらったことがありません。計算すると約12万にもなります。完全月給制だともらえないのですか?入社時は最初のつきは基本給が減らされてましたので、完全月給制じゃないと思うのですが


この案件すべてに対し、入社時の身元保証人、連帯保証人に対し迷惑をかけることはありますか?


こちらも急ぎです。
給料日が元々25日なので入金されないと死活問題です。大事にはしたくないのですが、この度の退職を本社が知っているのか気になります。またその上司に請求されるがまま社会保険証を渡してしまったので変な話悪用されないか心配です。

本社は大阪、職場は千葉です

よろしくお願いします
質問者: 返答済み 5 年 前.
早々の回答ありがとうございます。しかしながら、疑問点がありますので回答を求めます。もし回答に満足できましたらその時は承諾させていただきます。お付き合いをお願いします。


合意退職か?について
これについては権限のある上司か分かりません。必ず何かの相談は直属の上司に申し出ろとその上司に言われていたので。また、その上司を通り越しその上の上司に相談はするなと言われていました。
二点目ですが、正社員雇用になるときに雇用契約書をいただけませんでした。今もってるのは試用期間中の契約書で契約事態が正 社員のものと異なります。入社時に正社員になるときには新たに製作する旨は聞いていたのですが頂けませんでした。


誓約書1について
誓約書の上司を窓口には守らなきゃ行けませんか?本社に退職を受理していただいたかの旨をきいてはいけませんか?

契約書2について
労働基準法に基づき請求しても平気ですか?その際内容証明で本社に送った場合なにか不都合はありますでしょうか?また、夜勤の手当てはもとい賃金さえをもらったことがありません。計算すると約12万にもなります。完全月給制だともらえないのですか?入社時は最初のつきは基本給が減らされてましたので、完全月給制じゃないと思うのですが


この案件すべてに対し、入社時の身元保証人、連帯保証人に対し迷惑をかけることはありますか?


こちらも急ぎです。
給料日が元々25日なので入金されないと死活問題です。大事にはしたくないのですが、この度の退職を本社が知っているのか気になります。またその上司に請求されるがまま社会保険証を渡してしまったので変な話悪用されないか心配です。

本社は大阪、職場は千葉です

よろしくお願いします
質問者: 返答済み 5 年 前.
早々の回答ありがとうございます。しかしながら、疑問点がありますので回答を求めます。もし回答に満足できましたらその時は承諾させていただきます。お付き合いをお願いします。


合意退職か?について
これについては権限のある上司か分かりません。必ず何かの相談は直属の上司に申し出ろとその上司に言われていたので。また、その上司を通り越しその上の上司に相談はするなと言われていました。
二点目ですが、正社員雇用になるときに雇用契約書をいただけませんでした。今もっ てるのは試用期間中の契約書で契約事態が正社員のものと異なります。入社時に正社員になるときには新たに製作する旨は聞いていたのですが頂けませんでした。


誓約書1について
誓約書の上司を窓口には守らなきゃ行けませんか?本社に退職を受理していただいたかの旨をきいてはいけませんか?

契約書2について
労働基準法に基づき請求しても平気ですか?その際内容証明で本社に送った場合なにか不都合はありますでしょうか?また、夜勤の手当てはもとい賃金さえをもらったことがありません。計算すると約12万にもなります。完全月給制だともらえないのですか?入社時は最初のつきは基本給が減らされてましたので、完全月給制じゃないと思うのですが


この案件すべてに対し、入社時の身元保証人、連帯保証人に対し迷惑をかけることはありますか?


こちらも急ぎです。
給料日が元々25日なので入金されないと死活問題です。大事にはしたくないのですが、この度の退職を本社が知っているのか気になります。またその上司に請求されるがまま社会保険証を渡してしまったので変な話悪用されないか心配です。

本社は大阪、職場は千葉です

よろしくお願いします
専門家:  beallears-sr 返答済み 5 年 前.

早速回答させていただきます。

 

直属の上司と話をしても埒が明かない状況であれば

本社の人事担当(分からなければなんとか調べてでも)に対して現状がどうなっているか

確認すべきです。万が一、話が通っておらず退職扱いになっていないとしても質問者さんがもう後戻りできないのであれば、前回の回答の通り「私は上司を信頼して話をしているので合意退職は成立している、よって退職の手続は正当です」と主張してとおすのが質問者さんが自分を守る方法です。

 

労使の信頼関係がすでに失われ、特に質問者さんが相手に不信感を持っているなら

誓約書は気にせず確認することの方が質問者さんのメリットは大きいです。上司への確認の順番が誓約書どおりでないとしても人間関係的にもめるだけ(信頼関係が崩れる)であって、それをもとに金銭を要求されるなどはありませんよ。

 

雇用契約書が試用期間後にないこと自体に問題はありますが、今回の「正当に退職する・給料を貰う」という目的を果たすのに深く関係しないでしょう。

 

給料は前回回答のように、具体的な受け取り拒否をしていなければ正当に請求できます。

内容証明を使うことは 、費用がかかる・相手を感情的にさせる、の2点がデメリットでしょう。私としては、本社と揉めているわけでないなら、まだ内容証明を使うタイミングではなく、内容証明に書きたいと思っている具体的な内容を書いた手紙(今回の場合は賃金請求書でしょうか)を出すことで足りるような気がします。上司に不備があり本社ではまともな対応をする会社であれば、会社自体は味方にしておいたほうが得策であり、トラブルになりにくいと思うからです。もし、本社にも話が通っていて本社も給料の支払いを渋っており埒が明かないようなら内容証明でも構わないと思います。

 

身元保証人への請求や責任ですが、前回回答の通り、質問者さんが退職以外に何かトラブルでもおこしていて責任を取る必要があるなら別ですが、無ければ支払うものや責任を追及されることは一切ありませんので自信を持って対応される事をお勧めします!

なお、夜勤手当てというのは残業代の不払いのことでしょうか?であれば今回とは別件で会社に請求すべきものです。時効はまだあるはずですし退職後でも問題なく請求できます。実際に監督署や法律相談するときも別件として切り離して考えるものになります。

 

以上、取り急ぎ回答させていただきました。

お役に立てれば幸いです!

質問者: 返答済み 5 年 前.

早急の解答に感謝します。また、解答に対し疑問点があるので

承諾いたしかねます。

 

合意退職か否か…について

私が言う「上司」ですが、権限を持っている上司かと聞かれると

正直分かりません。しかしながら、まず相談は上司。となっていましたので

上司と相談しました。もともとは15日まで出勤し残りは有給消化という希望でした。

話し合いの結果は、辞めたいのに続けても利益にならないというようなそぶりで

即日退社になり新たに直筆の退職願を書かされました。

これに対し、その上司はそのまた上司(統括)には話してある旨は聞いています。

なので、「合意退職」になりませんでしょうか?

 

他には、正社員雇用になった時に雇用契約書をいただいておりません。

今持ってるのは試用期間中の契約書で(正社員でいただいている給料ではなく

社会保険関係の記入もありません。)契約自体が正社員のものとは違います。

入社時には、正社員になるときに新たに制作すると聞いたのですが在職中に

いただけませんでした。

これに対し、不利になることはありますか?

 

誓約書1について

誓約書の上司を窓口には守らないといけませんか?本社に退職を受理してもらったかの

確認はしてはいけませんか?辞めた時に上司に言われるがまま社会保険証を預けました。

まさかとは思いますが、悪用されないかと不安です。なんせその時にまだ本社は自分の

退職を知らない(後日行ったときです)から本社に連絡はしないでと最後に言われたので。

 

誓約書2について

労働基準法に基づき給料の請求をしてもいいですか?

設けられてる給料日は25日です。もし、誓約書や口頭で言われたように支給遅延だと

死活問題になるので困ります。その際内容証明で本社に送った場合何か不都合が

ありますでしょうか?また、夜勤手当はもとい、夜勤の賃金さえ支給されませんでした。

夜勤は月に1~2度ありました。簡単に計算しても12万あります。これは請求できない

給与区分とかありますか??

 

 

この案件について入社時の身元保証人・連帯保証人などに迷惑をかけるようなことに

なったりしますでしょうか??

 

 

本社は大阪で職場は千葉です。

よろしくお願いいたします

質問者: 返答済み 5 年 前.

追加相談です。

何度も申し訳ありません。

私は、その2枚目の誓約書が原因で不信感を持っています。

まともな会社(本社)がここまで労働基準に反する誓約書を作っているのか

不思議です。もしかしたら、本社はこの誓約書自体の存在を知らないのではないかと・・・

そう思えば思うほど預けた保険証を不正使用されるのではないかと…

心配です。

 

賠償についてですが、何もしてません。自信を持って言えます。

ただ、即日退社で迷惑をかけたや求人広告費などと請求されたらとびくびくしてます。

即日退社でしたが、前に上司に私が休んだ時などのためにマニュアル作っとけと言われ

制作済みでした。なので引継ぎなどは私がいなくてもできたと考えています。

もし、誓約書に本社の関与がなければ、もしかしたらあれもこれもと請求してくるかもと

思うとこわいです。身に覚えがないと拒否した時に保証人に請求行くのではないかと

不安です。

 

 

夜勤についてですが、

残業ではないと思います。

私の通常労働時間は朝7時から午後1時(実働)です

夜勤は別に午後11時から午前5時です。

この夜勤は月に1~2度で給与に反映がありません。

 

慣れてないもので同じ返答を何度も送ってしまいすみませんでした。

 

もしアクションとるなら来週月曜日になるので急いでいます。

 

 

専門家:  beallears-sr 返答済み 5 年 前.

追加情報確認いたしました。

大丈夫です。回答させていただきます。

 

まず、夜勤についてですが

今までも貰っていない分があるなら、それは分けて考えて

とりあえず今回給料を請求するときは今月(今回)もらう給料をキチンと受け取る

事を考えたほうが良いと思います。

理由はひとつ、大事な部分の解決を早めるには、話をややこしくしない方が良いからです。

まず、退職手続が確認できて今まで貰っていたとおりの普通の給料を貰ってから

今までと今回分の夜勤に不足があるなら、改めて請求しても遅くは無いですよ。

 

賠償についてですが

何もしていなければ、不安材料は退職が当日だったことですね。

これは前回回答の通り主張するしかないですが、ご安心を。

万が一、退職の仕方が悪くて即日退職になっても

会社が従業員(相当な役職者や特別複雑な業務の方は別として)に賠償請求を

して金銭を支払ってもらうのは相当な労力がかかりますし難しいんです。

(請求するだけはできるので、請求書が来るのは避けられませんが、理由がなければ

責任なし支払なしと回答すればよいのです。その後は会社は裁判をするしかなく相当な手間ですし、会社が勝てる確立も一般的にかなり低いので通常はやらないと思います。)

ですから自信を持って大丈夫です。

 

(一般に、よほどの理由がない限り、即日退職というのは、法律に関係なく、どこの会社でも社会常識が無いと言われて揉める要素にしかならないので、次回からは注意されたほうが良いと思われます。法律というのは後からの判断基準になるものでしかないので

「トラブル」自体に巻き込まれないように行動するのが一番得策だからです。)

 

質問者さんと雇用契約しているのは会社(法人)です。上司と契約しているわけではありません。上司だけが勝手な判断で今回の事をしているなら本社にはその事をキチンと説明して退職するまでですよ。

逆に上司と本社が同じ考えであれば、これまでの回答の通り毅然とした態度で振舞えばよいですよ。

これは個人的な意見になりますが、トラブルになってしまったことは、もう仕方ありませんので、今回の件については冷静にシンプルに考えることも大事になってくると思います。

対処方法を考えるときにはあまり「不信感」を持ちすぎないようにしたほうが結果が良くなるかもしれませんよ。

 

残念なことですが、普通に営業している会社でも、常識はずれな事を言ってきたり、法律を守ろうとしないところも中にはあると思います。今回のトラブルは、質問者さん以外にも同じように悩んでいる方がいらっしゃるケースと思いますので、質問者さんが特に悪いというわけでありませんし、あまり思いつめずに頑張ってください!

 

以上、お役に立てれば幸いです。ご健闘をお祈りしております。

質問者: 返答済み 5 年 前.

この、返答で最後にします。

回答いただき次第、承諾させていただきます。

親身になっていただき、本当にありがとうございます。

 

夜勤などについては確認しました。

私も、離職後の各種書類・給料さえ通常通りにしていただければ

週の法で決められてる労働時間を超過や夜勤賃金の請求など考えていません。

 

会社や上司の対応次第では労働基準監督署への助けの求めなどしかるべき対応をと

と考えているのでそうなってくるときっと会社は不利益になってしまう問題が

基準法を見る限り多々あります。自分の親・兄弟は、即日退社した自分に非があるの

だから「すべてをあきらめろ」と言っています。

 

自分に動かれもし何らかの過失で親・兄弟に迷惑がかかるのは避けたい。というのです。

また兄弟は労働基準監督署のホームページを見る限りそこまで動いてくれないようだ

と言います。問題を大きくするよりも自分の過失(即日退社)を認め忘れて会社や上司の

思う通り受け入れろと…。それだけ仕方ないことをしたんだよ。と言われました。

 

動くか動かないは自分の気持ち次第だと思います。

なので、自分は給与・書類はやはりあきらめられません。

妻は、私(妻)が変わって本社などに連絡を取るのはダメなのか?と

私を心配してくれています。

 

損害賠償命令にて請求が来た場合回答で「責任なし」と送った場合

保証人に請求がいきますか?

 

もし、今まで相談したこと、すべてが真実の場合(真実なのですが)

戦ったとしても時間と労力の無駄ですか?

忘れて、親・兄弟が言うように次に打ち込んだ方がいいのでしょうか??

戦って長引いたとき転職先に迷惑がかかったりしたりするのでしょうか?

 

初めての経験で無知で本当に恥ずかしい限りです。

 

 

お願いします。

 

専門家:  beallears-sr 返答済み 5 年 前.

とんでもないです。このような経験はそうそうありませんので・・・

早速ですが、回答させていただきます。

 

「給料を貰って、書類をきちんと頂く」これは当然の権利と思いますよ。

これはそのように進めるべきと私も思います。

行政の対応ですが、監督署は、賃金支払日に会社が支払うべき賃金の全額が支払われていなければ(振込みは振込みが一部でも無かったとき、手渡しは受け取りに行って一部でも貰えなかったとき)会社を管轄する監督署へ行って届出をすれば、確認して指導してくれますよ。

ただ、監督署は退職関係の書類(離職票や健康保険、源泉徴収のことと思いますが)には対応していません。これらは各々の役所で相談することになります。

(離職票・・・会社を管轄するハローワーク、社会保険・年金の書類・・・質問者さんの管轄の年金事務所、源泉徴収票・・・質問者さんの管轄の税務署)

転職先に影響するかと言われると、監督署へ行ったことや、その力を借りたことは、正直なところ、即日退職が引き金とイメージされてしまう今回の問題の場合、うわさが知れるとマイナスイメージにしかならないとは思います。(直接知られることは無いでしょうが、何かのうわさや業界の繋がり、例えば現職の同僚から転職先の同僚へのうわさなど)

「即日退職」については「合意退職」と強く主張して逆に掘り下げられても辛いでしょうから

最悪は、「上司と合意はしましたが社内的に話がとおっていないのであれば、結果としてお騒がせすることになり申し訳ありません」程度に軽く謝罪しておけば良いのでは

ないでしょうか。

 

賠償請求については、相手がやる気になった場合、請求書を送ること自体を止めることはできませんので、最悪は保証人の方へ請求書はいくかもしれません。

ですので、相手にやる気にさせない以外に方法はありません。

 

結論として私の思うところは、

 

明日ひとまずは、会社自体が質問者さんの「退職」についてどの程度の認識か確認。

会社自体が「即日退職」を責めてきたら、上司に人事権があると思い合意退職したと主張しながら結果として迷惑をかけた事については謝罪

会社自体に給料と退職時の書類についてそれとなく確認

「損害が発生するので給料からは一部差し引く」と言われたら

「損害賠償額を給料から控除することは労働基準法に反することを私は知っています。もし

控除されていたら監督署に行かざるを得ないので、まずは給料は全額お支払いいただき

損害賠償の件については給料の受け渡しが終わってから別件と致しましょう。しかし

一従業員の退職について会社の損害賠償請求が認められた裁判例は非常に少ない

と法律に詳しい知人に聞いております。」

などと言ってひとまずその話を避けてはいかがでしょうか。

後は給料の支払いを待つことになりますが、支払いが無ければ、一度だけ会社(当然給料計算の担当部署)に連絡を入れて会社の意思を確認し、支払いの意思がなければ監督署に行ってはいかがでしょう。(給料額を聞かれると思うので、給料明細書を数月分持っていくといいですよ)

なお、書類については基本的に会社の事務処理を待つしかありませんので割り切ったほうが良いです。遅れた場合、対応はそれからです。退職日から2週間程たっても離職票が送られてこない場合はハローワークへ。(通常でも退職者に届くのが退職後早くて3・4日、ゆっくり事務処理されると10~12日と思います。)

会社が社会保険の資格喪失手続(基本は退職後5日以内に会社が行う)をしてくれず質問者さんが国保に切り替えできないときは、会社を管轄する年金事務所へ相談してください。

 

以上、参考にして頂ければ幸いです。

 

最終的に行政機関に相談した場合の労力は、各役所にそれぞれ2・3回の訪問といったところではないでしょうか。

 

妥協する部分は妥協した上で、ご自身が納得されるように行動されると

よろしいと思いますよ。

ご健闘お祈りしています!

beallears-srをはじめその他名の雇用・労働カテゴリの専門家が質問受付中

雇用・労働 についての関連する質問