JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
takatsukasaに今すぐ質問する
takatsukasa
takatsukasa, 社会保険労務士
カテゴリ: 雇用・労働
満足したユーザー: 638
経験:  人事労務管理において18年間従事
61975128
ここに 雇用・労働 に関する質問を入力してください。
takatsukasaがオンラインで質問受付中

SSと申します。よろしくお願いいたします。 アルバイト(派遣)で働いていましたが、 先月、突然、解雇されまし

質問者の質問

SSと申します。よろしくお願いいたします。

アルバイト(派遣)で働いていましたが、
先月、突然、解雇されました。

派遣会社に「1ヶ月分の給料を保障」するように要求したところ、
「労基法に基づいて・・・考慮します・・・」と返答を頂いていたのですが、
その後、担当者と連絡が取れなくなりました。

一応、まともな主張をしているつもりですが、
私の主張はどの程度、通りますか?
投稿: 6 年 前.
カテゴリ: 雇用・労働
専門家:  takatsukasa 返答済み 6 年 前.
アルバイト(派遣社員)であっても解雇する場合には、正社員と同様に解雇に関する労働基準法の規定 が適用されます。
そのため正当な理由がない解雇は無効となります。
もし解雇するとしても、解雇する日の30日以上前までに解雇予告するか30日分の解雇予告手当の支払いをしなければなりません。
もちろん貴方の主張は通ります。本件について話が進まないようであれば、労働基準監督署へ相談に行くことも検討されてはどうでしょうか。
◆ご参考までに労働基準法を記載します。
(解雇の予告)
第20条 使用者は、労働者を解雇しようとする場合においては、少くとも30日前にその予告をしなければならない。30日前に予告をしない使用者は、30日分以上の平均賃金を支払わなければならない。
質問者: 返答済み 6 年 前.

回答ありがとうございます。

どんな行動を起こしたらいいのか、わからない状態だったので、助かりました。

 

労働基準監督署に行って相談してきました。

解雇予告手当を支払うようにという文書を簡易書留で送って期限まで様子をみるようにとのことで、そのようにしました。

 

現在、待ちの状態です。

状況が変わりましたら、また連絡いたします。

よろしくお願いいたします。

 

専門家:  takatsukasa 返答済み 6 年 前.
了解しました。頑張って下さい。
質問者: 返答済み 5 年 前.

簡易書留に対し、メールで返信があり、

労働基準監督署の相談員さんと対応しました。

 

が、再度返信があり、話が噛み合っていない為、

申告し、監督官さんに対応を任せることになりました。

 

現在、待ちの状態です。

 

立場が弱いので不利な状況かとは思うのですが、

これで出来ることはすべてやったことになりますよね。

 

専門家:  takatsukasa 返答済み 5 年 前.
そうですね。
ここは監督官に任せて、相手の出方を見るところでしょう。
質問者: 返答済み 5 年 前.

10/27 監督署が相手企業に来署依頼(11/04)を送付
11/02 監督署と相手企業の面談の日程が決定(11/11)
11/08 自宅ポストに「雇用契約書」が投げ込まれる
   (郵送とかではなく、クリアフォルダに挟まれたもの)
11/11 監督署と相手企業の面談
   相手企業の言い分
    1)次の仕事を紹介したので解雇ではない
    2)もともと期限のある派遣だった
    3)とは言え、申し訳ないので、いくらか払う(金額は11/16に連絡する)
   監督署の見解
    解雇という判断ができない以上、解雇予告手当を払うよう指導できない。
    解雇でないと判断したわけでもない。判断は裁判所でしかできない。(民事裁判。小額訴訟)
11/17 監督署から連絡
   相手企業の提示金額は、
   解決金(和解金)として、こちらが提示した解雇予告手当の半額。(金額に根拠はない)

面談が成立するまでの間、度々、相手企業からメールや留守電があり、さらに自宅に来るなど、
腹が立ったり気持ち悪かったり、ずるずると不愉快な思いをしました。
もう、いいかげん終わりにしたいのですが、
相手企業の提示金額をそのまま承諾するしかないのでしょうか?

専門家:  takatsukasa 返答済み 5 年 前.

相手の会社が解雇ではないと言われると、監督署ではそれ以上関与することができません。

和解金にしても相場がある訳ではないので、相手が支払う額と貴方が欲しい額のすり合わせをするしかありません。

もう、いいかげん終わりにしたいとのことであれば、相手の言い分を聞くのもいいでしょう。

 

もう少し交渉するというのであれば、労働局のあっせんなどの方法もあります。

詳しくはこちらをご参照下さい。

http://www.mhlw.go.jp/general/seido/chihou/kaiketu/dl/01a.pdf

雇用・労働 についての関連する質問