JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
sin4864に今すぐ質問する
sin4864
sin4864, 社会保険労務士
カテゴリ: 雇用・労働
満足したユーザー: 343
経験:  労働問題の専門家として23年の経験がある特定社会保険労務士です。
61543350
ここに 雇用・労働 に関する質問を入力してください。
sin4864がオンラインで質問受付中

不当解雇

質問者の質問

まず私日本にある某会社の日本支社を通して1年前に御用契約を結びました。しかし最初から雇用の場所は海外でして、実質過去12ヶ月は一番最初に日本支社を通して日本で結んだ雇用契約書のみで海外(香港)で就業しております。ですので香港における雇用契約書は存在しておりません。

さて先週の10月4日に個人的な理由による自宅勤務または無給休暇について会社側に相談いたしました。個人的な理由で10月23日より2ヶ月の間なんとか自宅勤務または無給休暇が可能か会社側に相談いたしました。これは退職届けを出したわけでは全くなく、2ヶ月間の無給休暇または自宅勤務がまず可能かということを会社側に相談したのみです。

本日10月10日に会社側と相談したところ、どちらにしろ雇用契約上の重大な過失であり解雇しざるおえないようなニュアンスの通達を受けました。

しかしながら香港における雇用契約は結んでおらす、唯一ある雇用契約書は約一年前に日本契約として日本で結んだもののみ存在です。ですので疑問点は日本の法律に基づいた場合に果たしてこれが「雇用契約上の重大な過失」なのかを知りたく思います。

整理いたしますと:

1)10月23日より個人的な理由で2ヶ月の無給休暇または自宅勤務をすること自体は「重大な雇用違反」なのか。

2)10月4日で通達して23日に無給休暇または自宅勤務を開始すると仮定して:時間的な理由で「重大な過失」とされるのであれば、こういったにこういった希望を申し立てるのにあたり何日前に会社側に申し出るのが合法なのか

3)2ヶ月の無給休暇または自宅勤務を希望したために会社側から解雇されるのは正当なのか。もし正当であれば会社側は普通解雇のように30日分の給料を支払う義務があるのか

そもそも香港における契約書を会社側が提示していないこと自体が違法ですが、こちらは全く別件でうので、まず日本の法律にのっとた場合何が正当なのかをお聞きしたく思います。

複雑で申し訳ございませんがよろしくお願いいたします。


投稿: 6 年 前.
カテゴリ: 雇用・労働
専門家:  sin4864 返答済み 6 年 前.

ご質問の内容から判断すると、貴方と雇用契約をしているのは、「日本にある某会社」で、貴方は、香港に出張あるいは出向しているということだと思います。

この場合、労働関係に関しては、日本の法律が適用されます。(労働基準法、労働契約法等)

 

1)10月23日より個人的な理由で2ヶ月の無給休暇または自宅勤務をすること自体は「重大な雇用違反」なのか。

 

会社に無断で、 2ヶ月間の無給休暇または自宅勤務をしたらその可能性はありますが、現時点で、会社に相談しただけなのですから、なんら雇用契約に違反していません。就業規則も確認をした方が良いでしょう。


2)10月4日で通達して23日に無給休暇または自宅勤務を開始すると仮定して:時間的な理由で「重大な過失」とされるのであれば、こういったにこういった希望を申し立てるのにあたり何日前に会社側に申し出るのが合法なのか

 

個人的な理由による自宅勤務または無給休暇を認めていないということでしょうから、何日前に申し出れば合法とかそういう話ではありません。法律の規定もありません。


3)2ヶ月の無給休暇または自宅勤務を希望したために会社側から解雇されるのは正当なのか。もし正当であれば会社側は普通解雇のように30日分の給料を支払う義務があるのか

 

不当解雇です。希望しただけでは解雇できません。また解雇するには、就業規則に懲戒解雇の規程がなければ解雇できません。即日解雇の場合は、当然解雇予告手当金の支払い義務が生じます。

質問者: 返答済み 6 年 前.
再投稿:回答が遅すぎた.

雇用・労働 についての関連する質問