JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
sin4864に今すぐ質問する
sin4864
sin4864, 社会保険労務士
カテゴリ: 雇用・労働
満足したユーザー: 343
経験:  労働問題の専門家として23年の経験がある特定社会保険労務士です。
61543350
ここに 雇用・労働 に関する質問を入力してください。
sin4864がオンラインで質問受付中

定額残業代の支給がない場合、所定労働時間は最低何時間になるものなのでしょうか。

解決済みの質問:

定額残業代の支給がない場合、所定労働時間は最低何時間になるものなのでしょうか。
投稿: 6 年 前.
カテゴリ: 雇用・労働
専門家:  sin4864 返答済み 6 年 前.

所定労働時間とは、会社で定めた労働時間のことをいいます。だから、ご質問からは、貴方の会社の所定労働時間は判断しかねます。

残業代(時間外労働手当)は、法定労働時間を超えた場合に割増賃金が発生します。所定労働時間ではありません。

質問者: 返答済み 6 年 前.
一般論で良かったのですが(所定労働時間の○%など)、所定労働時間と法定労働時間は違うのですね。では基本的な法定労働時間は一か月(もしくは1日でも構いません)何時間になるのでしょうか。現在、私の会社の所定労働時間は、30日の月が171時間、31の月が177時間になっています(すみません、28の月も違うのですが今覚えておりませんので)。よろしくお願い申し上げます。
専門家:  sin4864 返答済み 6 年 前.

法定労働時間は、1日につき8時間、1週につき40時間です。(労働基準法第32条)

定額残業代を基本給に組み込む場合は、基本給に残業時間の何時間分が含まれるのか、労働者に明確にする必要があります。法定労働時間を超えた労働時間が定額部分を超えた場合は、当然、その分は別に時間外手当を支払う必要があります。

1年単位の変形労働時間制を導入していない場合は、1日8時間、1週40時間を超えた時点で、時間外割り増しの対象になります。

sin4864をはじめその他名の雇用・労働カテゴリの専門家が質問受付中

雇用・労働 についての関連する質問