JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
takatsukasaに今すぐ質問する
takatsukasa
takatsukasa, 社会保険労務士
カテゴリ: 雇用・労働
満足したユーザー: 638
経験:  人事労務管理において18年間従事
61975128
ここに 雇用・労働 に関する質問を入力してください。
takatsukasaがオンラインで質問受付中

9-23 30 8000

解決済みの質問:

短期のアルバイトで初心者ということから、9-23:30(基本)で8000円の雇用でやっておりました(当地区の最低賃金は692円です)。実質は9- 12:30(平均)ともっとひどい状況でしたが、それに耐え仕事をしましたが、1週間の契約のうち5日目であまりにもの激務で倒れ辞めることとなりました。
その後賃金について当初の説明の通りに、月末の数日前にアルバイト雑誌にあった代表者へ連絡をとったところ、「振り分けられたところの代表者と話をしてほしい」「それぞれの代表による賃金の支払いをしている」と言われ、管理していた代表に話をしたところ「4日は8000円、最終日はさいてい賃金の時給扱い」ということを告げられ、アルバイト雑誌の代表者を通じて口座を伝えましたが、入金がなされていません。
その問い合わせをしようと管理の代表に何度も電話をかけますが、出てもらえない状況です。

少しおかしいと思い、アルバイト先にのっていた住所を車のナビでたどりましたが、個人の自宅のようでした。また電話(アルバイト雑誌にある会社)をナビでたどると、別の場所になっていました。(この番号にかけてもFAX音のようなものしかなりません)

会社的に個人に支払いは任せるとはいえ、アルバイト雑誌に掲載してるのは会社名および代表者の連絡先である以上、会社に支払いを請求し、その後は社内で支払いを行わなかった人への請求をしていただくのが会社としての責任ではないかと思います。

なお直接管理者の方へ電話した際には、クレーマー扱いにされています。

どのような対応が良いのか、アドバイスをいただければ幸いです。
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 雇用・労働
専門家:  takatsukasa 返答済み 5 年 前.
貴方は、会社と雇用契約をしているのでしょうから、会社的に個人に支払いは任せるという言い分は通容しません。直接管理者の方へ電話した際には、クレーマー扱いとはひどい話です。まずは、会社住所を管轄する労働基準監督署へ行って、給料を支払ってもらえないことについて相談してみて下さい。会社あてに指導してくれます。
質問者: 返答済み 5 年 前.
相手から連絡がやっと入ったので、今後の方針について回答をお願いします。口座番号を先週末に教えておきました。相手の言い分では土曜日に銀行で入金をしようとした際に、こちらの口座番号のメモ紙を紛失したので入金ができなかったとのことです。しかし紛失して口座番号がわからないにもかかわらず、今朝になるまで(こちらは入金が確認されずに電話をかけていました)あちらからの電話はありませんでした。通常、土曜日に紛失が発覚した時点で、電話で連絡をいれるのが筋ではないかと考えます。またこのアルバイトは昔でいう「的屋」、いわゆる祭りの出店をやっているものです。また払われる賃金についてきちんと回答をこちらから求めると、だまりこみ最終的にはきちんとした回答が得られませんでした 。さらにあちらはもう手渡しでしか賃金は支払わないと言い出し、あちらの倉庫に来るように一方的に指定され、身の危険さえも感じております。賃金の支払いは手渡しもしくは口座振り込みを選べるようになっていました。なぜ手渡しでないともう払わないと通告されないといけないかも納得いきません。付け加えますと、出店で損失をだしていること(商品を台無しにしている、など)を一方的に言うのみで、こっちが休憩もなく一日中座ることもトイレに行くこともなく、早く商品を売れる状態に仕上げられるように練習をやっていることを評価しようとしません。それを言うと「結局はクレームを言いたいのか」という態度に急変します。こちらが正当なことを主張すると、全て頭ごなしにあちらの方が正当である。何人もの人間が仕事ぶりを見ているなど、結局はあちらのいいように仕向けられます。この場合、体調を崩し倒れた際に当日に状況をメモさせられたものの現品のコピーがあります。このまま引き取りに行くのもどうかと思いますし、あちらが金額を明確にしてない以上いくら渡されれるのもわからないので、会社に請求をかけるのが一番の方法でしょうか?
専門家:  takatsukasa 返答済み 5 年 前.
なぜ手渡しでないともう払わないと通告されないといけないかも納得いきません。 労働基準法では、原則賃金は直接渡すようになっており、銀行振込は例外(本人が承諾した場合)扱いとなっております。そのため手渡しは仕方ないかも知れません。 詳細はよく分かりませんが、暴力を振るわれる等あれば、警察などの通報も考慮される必要があるかも知れません。 振り分けられたところの代表者というのがよく分かりませんが、会社に請求をかけるのが一番です。労働基準監督署へ通報すると言われたらどうでしょうか。
質問者: 返答済み 5 年 前.

労働基準局の話は初回の賃金交渉の時に話しております。

そこから「最近はこういったクレームつける人が多い」など言われ始め、結局は「この会話を録音してるんだろう」などといったことまでエスカレートしていきました。

 

この人はアルバイトの先輩にさえ8月分の給料を再三の催促があったにもかかわらず支払わない人で、結局は会社ぐるみの問題に発展したことから支払いに応じたような人です。

自分は正当なことを言っているようで、こちらから正当な話をし始めるとすべて覆し、自分のいいように言いくるめようとする人間のように思えます。

 

労働基準局、警察などのことは、こちらもすでに考慮に入れていることでした。

もっと法律的な具体的な内容についての回答が欲しいです。

 

専門家:  takatsukasa 返答済み 5 年 前.
もう労働基準監督署へ相談に行かれたのでしょうか。会社の問題として行 政からの指導が入るように持っていかなければ、話は進みません。
相手は労働基準法24条、37条違反を犯している訳です。労働基準監督署は司法警察権を持っているので送検することができます。相手と話にならなのなら、最初から行政を間に入れて対応した方が早いでしょう。
◆以下参考までに
法律では休憩時間を除いて一日8時間以上働いた場合には、25%の割増賃金を支払わなければなりません。夜10時以降はさらに25%の割増賃金の支払いが必要となります。
労働基準法
(賃金の支払)
第24条 賃金は、通貨で、直接労働者に、その全額を支払わなければならない。
(時間外、休日及び深夜の割増賃金)
第37条 使用者が、第33条又は前条第1項の規定により労働時間を延長し、又は休日に労働させた場合においては、その時間又はその日の労働については、通常の労働時間又は労働日の賃金の計算額の2割5分以上5割以下の範囲内でそれぞれ政令で定める率以上の率で計算した割増賃金を支払わなければならない。
takatsukasaをはじめその他名の雇用・労働カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 5 年 前.
再投稿:回答の質.

雇用・労働 についての関連する質問