JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
sin4864に今すぐ質問する
sin4864
sin4864, 社会保険労務士
カテゴリ: 雇用・労働
満足したユーザー: 343
経験:  労働問題の専門家として23年の経験がある特定社会保険労務士です。
61543350
ここに 雇用・労働 に関する質問を入力してください。
sin4864がオンラインで質問受付中

3

質問者の質問

職場環境でうつ病になりました。私は正社員になって3年目の一般職です。完結に言いますと私がいる部署の上司は部下をしかることをしません。例えば、遅刻をしても業務中に居眠りしていても何も言いません。それだけなら我慢出来たかもしれませんが、3チームごとに仕事をしていて、私がいるチームは仕事があまりないときでも仕事を探して静かに仕事をしていましたし他のチームよりも仕事量が圧倒的に多かったので、他のチームはお喋りがうるさく私にとっては苛立ちが毎日続いていました。所長にも、所長代理にも何故注意しないのか?と聞きましたが低レベルなことをいちいち注意したくないと言われました。うるさいのに耐えながら仕事をしているうちに頭痛が毎日続くようになり、病院でうつと診断されました。うつ病からくるものなのか分かりませんが、個人情報を扱っている仕事なのですが、苛立ちから書類をシュレッダーしてやろうという衝動にから れたのて、自ら休職をお願いしました。その休職の話をしたすぐ後に「私も病気になって休みたい」とか休職したのは今年の2月ですが「暇だった1月に休めばよかったのに」と嫌そうな顔で言われました。復職するまで会社からは一切連絡なく復職に関する診断書等も求められませんでした。会社の弁護士にもこう言った事情は去年の夏頃伝えましたが会社からの連絡はないままです。我慢しながら仕事をしていましたが、チーム替えがあり、上司が変わってからは私はその上司に1人だけ大量に仕事を任され、「ありがとう」の一言でもあればいいのですが、私はいつも放置でお疲れ様の言葉がないときもありました。そんな日々が続きいじめられてるのか真剣に考えたりもしているなか、今年8月末に睡眠薬を大量に摂取し入院しました。それから人事との話し合いが始まりましたが、休んでくれの一方的で、安全配慮義務があると何度も言いながら何も対処はしてくれません。それどころか私が言うことを信用していただいてないようで、何を聞いても「~は分かりませんが~」と上司側です。休めと言われ1度人事と面談をしましたが有休扱いにされ、病院に行くこと、これからも休まず働きたいという意思は伝えてあったはずなのに病院に行った後に仕事を継続していいという診断書をもらってきてください。と言われました。人事に少しでも期待した私が馬鹿だったと思っていますが、人事との面談やメールのやりとりで体調がまた悪化しました。慰謝料を請求したいと思っていますが、労働災害保険の証明書を会社から貰わないといけないでしょうか?
証明書がなくても慰謝料請求できるなら、お願いしたいと思っています。
ここに書いてない些細な出来事もあります。
今日は、2日前に弁護士に相談するのでと人事に言ったところ、昨日業務中に人事から電話があり話し合いをしたいと一方的に言われて、もうそれが私にとって苦痛でしたので会社を休みました。
長々と駄文になりましたが、どうか宜しくお願い致します。
投稿: 6 年 前.
カテゴリ: 雇用・労働
専門家:  sin4864 返答済み 6 年 前.

あなたのうつ病の原因は、会社の人間関係に起因したモノであることは間違いがないところだと思います。業務に起因することであれば、十分、労災の可能性も考えられますから、あなたは、まず会社、会社の顧問弁護士に対し、「自分の病気は労災」であると主張してください。

また、「私はいつも放置で」というのは、無視をするというパワーハラスメントの可能性も大いに考えられます。

「休んでくれの一方的で、安全配慮義務があると何度も言いながら何も対処はしてくれません。それどころか私が言うことを信用していただいてないようで、何を聞いても「~は分かりませんが~」と上司側です。休めと言われ1度人事と面談をしましたが有休扱いにされ、病院に行くこと、これからも休まず働きたいという意思は伝えてあったはずなのに病院に行った後に仕事を継続していいという診断書をもらってきてください。と言われました。」

また会社はあなたに就労の意思があるにもかかわらず、それを拒むのは不当ですから、あなたは、十分に慰謝料を請求することが出来ます。

しかし、裁判になると、あなたはご自分の主張されることをご自分自身で立証しないと裁判で勝つのは困難です。この場合は、労働局のあっせんを申し込むのがいいかと思います。労働局のあっせんは、証拠を提出しなくてもよいという、あなたにとって有利な制度であるといえます。

雇用・労働 についての関連する質問