JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
takatsukasaに今すぐ質問する
takatsukasa
takatsukasa, 社会保険労務士
カテゴリ: 雇用・労働
満足したユーザー: 638
経験:  人事労務管理において18年間従事
61975128
ここに 雇用・労働 に関する質問を入力してください。
takatsukasaがオンラインで質問受付中

同僚に「辞めたい」と伝え無断欠勤、その後連絡無し、2週間後親から「給料を振り込んで欲しい」とでんわがありました。(か

解決済みの質問:

同僚に「辞めたい」と伝え無断欠勤、その後連絡無し、2週間後親から「給料を振り込んで欲しい」とでんわがありました。(かなり高圧的)
無断欠勤の場合罰則金を差し引いてもいいのか、それは何%までか。
差し引きした後は、市の「最低賃金」を下回ってもいいのか。
当方の給与は見習いで14万円(皆勤手当1万円含む)で、月末締めで15日まで出勤しました。
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 雇用・労働
専門家:  takatsukasa 返答済み 5 年 前.
無断欠勤期間はともかく、これまで働いた期間については、給料の支払をしなければなりません。無断欠勤期間については、ノーワークノーペイの原則というのがあります。つまり欠勤期間については給料を支払う必要がありません。

「差し引きした後は、市の「最低賃金」を下回ってもいいのか。」との事ですが、働いた期間を時給換算した金額が最低賃金を下回っていなければ、問題ありません。
質問者: 返答済み 5 年 前.
労働基準法に罰金の規定があったと思います。
確か、給料の10%以下なら「就業規則」で決められた罰金は差し引きできたと思いましたけど、いかがですか?
専門家:  takatsukasa 返答済み 5 年 前.
おっしゃるとおり減給の制裁は可能です。

第91条 就業規則で、労働者に対して減給の制裁を定める場合においては、その減給は、1回の額が平均賃金の1日分の半額を超え、総額が1賃金支払期における賃金の総額の10分の1を超えてはならない。
質問者: 返答済み 5 年 前.
すみません、お聴きするのを忘れていましたが、「退職届け」をもらっておくようにと友人が言うのですがそれも無断欠勤する前の日付で。

要約すると、最低賃金を下回らない額で出勤した日数から上記の罰則金を差し引いた額が1番ミニマムな支給額ということでしょうか?

お手数おかけしますが、「思い通りに行く」と思わせることが本人のためにも良くないと思いますので よろしくお願い致します。
専門家:  takatsukasa 返答済み 5 年 前.
「退職届け」をもらっておくよ うにと友人が言うのですがそれも無断欠勤する前の日付で。
退職したあと解雇されたと文句を言って来ることがあるので、退職届は貰っておくことをお勧めします。
要約すると、最低賃金を下回らない額で出勤した日数から上記の罰則金を差し引いた額が1番ミニマムな支給額ということでしょうか?
給与が14万円ならこれを日割り計算した額が最低賃金を上回っていれば問題ありません。そこから罰金を差し引いた額がミニマムな支給額になります。
takatsukasaをはじめその他名の雇用・労働カテゴリの専門家が質問受付中

雇用・労働 についての関連する質問