JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
sin4864に今すぐ質問する
sin4864
sin4864, 社会保険労務士
カテゴリ: 雇用・労働
満足したユーザー: 343
経験:  労働問題の専門家として23年の経験がある特定社会保険労務士です。
61543350
ここに 雇用・労働 に関する質問を入力してください。
sin4864がオンラインで質問受付中

9月9日に主人が仕事中にベルトコンベアーに右腕をまきこまれ、切断してしまいました。本来であれば運転を停止してしなけれ

解決済みの質問:

9月9日に主人が仕事中にベルトコンベアーに右腕をまきこまれ、切断してしまいました。本来であれば運転を停止してしなければならなかった作業を停止させず作業して起こってしまった事故ではあります。今、労災扱いで病院に入院中ですが今日社長が病院に来られて『重過失になる可能性もありお互いのためにも労災になるよう頑張っているところです。』と言われました。このような事故の場合やはり早い段階で弁護士さんをたて対応したほうがいいのでしょうか?なにもわからずメールいたしました。
投稿: 6 年 前.
カテゴリ: 雇用・労働
専門家:  sin4864 返答済み 6 年 前.

重大な労災事故、お見舞い申し上げます。

まず、普通に労災です。問題は、安全管理上の義務違反が会社にあれば、労災補償の他に損害賠償請求も会社に対してすることも可能です。重大な事故ですから、労働基準監督署も現場検証をしていることでしょうから、どうしてそのような事故が発生したか明確になると思います。その結果で裁判をするかどうか、弁護士を立てるかどうか検討すればよいでしょう。

sin4864をはじめその他名の雇用・労働カテゴリの専門家が質問受付中

雇用・労働 についての関連する質問