JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
sin4864に今すぐ質問する
sin4864
sin4864, 社会保険労務士
カテゴリ: 雇用・労働
満足したユーザー: 343
経験:  労働問題の専門家として23年の経験がある特定社会保険労務士です。
61543350
ここに 雇用・労働 に関する質問を入力してください。
sin4864がオンラインで質問受付中

幼稚園に勤務しています。勤続が長い職員上がりの副園長が、全体を牛耳り好き勝手し放題 挙句に中堅と新人の2人をターゲ

解決済みの質問:

幼稚園に勤務しています。勤続が長い職員上がりの副園長が、全体を牛耳り好き勝手し放題
挙句に中堅と新人の2人をターゲットにし理不尽な 言動行動をします。パワハラです。
この2人がもうじき労基署に申告します。私達数人は第三の証人として、実際に起こった
事柄について、証人するつもりです。
訴えられた副園長は逆に私達を名誉棄損とかで訴えることが出来るんですか?
一筋縄ではいかない人物。最高責任者の理事長もてにおえません。
どんな仕返しがあるのか恐ろしいですが、職場環境を改善するために私たちは戦います。
パワハラは懲戒免職にならないのですか?
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 雇用・労働
専門家:  sin4864 返答済み 5 年 前.

「パワハラは懲戒免職にならないのですか?」

懲戒解雇は、もっとも重い処分です。ですから、処分理由と処分根拠が合理的で明確でないと、不当解雇で逆に訴えられます。まず、貴方の職場の就業規則を良く御確認ください。就業規則がないと懲戒処分そのものが不可能です。

さて、パワハラという言葉が知られるようになったのは、まだ最近のことです。法律上、パワハラの定義もありませんから、パワハラの認定そのものが困難であることが多いのです。

しかし、その副園長の理不尽な言動で迷惑している人がいるのなら、ハッキリ本人に、「あなたの言動はパワーハラスメントだ」と言うことです。この手の相談者は、本人を恐れて、本人にはなにも言わず、役所(労基署等)に解決を依存しますが、役所も明確な法違反の証拠がない以上、指導できないのです。 ご自分の職場のことですから、まず勇気を出して、本人に、その言動を改めるように、職員会議などで議題にあげて問題にすべきでしょう。

怖がってばかりでは進展しません。

sin4864をはじめその他名の雇用・労働カテゴリの専門家が質問受付中
専門家:  sin4864 返答済み 5 年 前.

「パワハラは懲戒免職にならないのですか?」

懲戒解雇は、もっとも重い処分です。ですから、処分理由と処分根拠が合理的で明確でないと、不当解雇で逆に訴えられます。まず、貴方の職場の就業規則を良く御確認ください。就業規則がないと懲戒処分そのものが不可能です。

さて、パワハラという言葉が知られるようになったのは、まだ最近のことです。法律上、パワハラの定義もありませんから、パワハラの認定そのものが困難であることが多いのです。

しかし、その副園長の理不尽な言動で迷惑している人がいるのなら、ハッキリ本人に、「あなたの言動はパワーハラスメントだ」と言うことです。この手の相談者は、本人を恐れて、本人にはなにも言わず、役所(労基署等)に解決を依存しますが、役所も明確な法違反の証拠がない以上、指導できないのです。 ご自分の職場のことですから、まず勇気を出して、本人に、その言動を改めるように、職員会議などで議題にあげて問題にすべきでしょう。

怖がってばかりでは進展しません。

専門家:  sin4864 返答済み 5 年 前.

「パワハラは懲戒免職にならないのですか?」

懲戒解雇は、もっとも重い処分です。ですから、処分理由と処分根拠が合理的で明確でないと、不当解雇で逆に訴えられます。まず、貴方の職場の就業規則を良く御確認ください。就業規則がないと懲戒処分そのものが不可能です。

さて、パワハラという言葉が知られるようになったのは、まだ最近のことです。法律上、パワハラの定義もありませんから、パワハラの認定そのものが困難であることが多いのです。

しかし、その副園長の理不尽な言動で迷惑している人がいるのなら、ハッキリ本人に、「あなたの言動はパワーハラスメントだ」と言うことです。この手の相談者は、本人を恐れて、本人にはなにも言わず、役所(労基署等)に解決を依存しますが、役所も明確な法違反の証拠がない以上、指導できないのです。 ご自分の職場のことですから、まず勇気を出して、本人に、その言動を改めるように、職員会議などで議題にあげて問題にすべきでしょう。職場の公の席で複数の職員から突き上げられたら、せいぜいその職場の権力者に過ぎないのですから案外、簡単に陥落するかも知れません。一致団結が大事です。

怖がってばかりでは進展しません。

雇用・労働 についての関連する質問