JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
sin4864に今すぐ質問する
sin4864
sin4864, 社会保険労務士
カテゴリ: 雇用・労働
満足したユーザー: 343
経験:  労働問題の専門家として23年の経験がある特定社会保険労務士です。
61543350
ここに 雇用・労働 に関する質問を入力してください。
sin4864がオンラインで質問受付中

年明けに新規雇用されましたが、その時に契約書を交わしました。 休日数が、会社規定と異なっていましたが、契約書の日数

解決済みの質問:

年明けに新規雇用されましたが、その時に契約書を交わしました。
休日数が、会社規定と異なっていましたが、契約書の日数をもとに代休の予定を出したところ、契約書が間違っていたから会社の既定の日数に合わせてほしいと言われましたが、契約書の日数で休日を申請しようと考えています。
その考えで一般に通用しますか?
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 雇用・労働
専門家:  sin4864 返答済み 5 年 前.

雇用契約書の内容が会社の規定(就業規則)より貴方にとって有利な内容であるのなら、雇用契約書の方が優先します。そうすると、「契約書の日数で休日を申請しようと考えています。
」という貴方の考えは間違っていないことになります。

年俸制なら残業手当を支払わなくてもいいというわけではありません。法定労働時間を超えた分は当然残業手当を受け取る権利がありますから、会社に請求しましょう。

sin4864をはじめその他名の雇用・労働カテゴリの専門家が質問受付中

雇用・労働 についての関連する質問