JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
sin4864に今すぐ質問する
sin4864
sin4864, 社会保険労務士
カテゴリ: 雇用・労働
満足したユーザー: 343
経験:  労働問題の専門家として23年の経験がある特定社会保険労務士です。
61543350
ここに 雇用・労働 に関する質問を入力してください。
sin4864がオンラインで質問受付中

2010

解決済みの質問:

昨年(2010年)11月中旬 に前職から現在の企業へ再就職しまして入社前の面接では入社してから3ヶ月は
研修期間にてまずは時給賃金での契約で働いて頂き研修期間終了後に社員登用して頂ける予定でしたが、
3ヶ月後の更新面談にて社員にはして頂けず更に3ヶ月のパート社員扱いでの契約とされ、その3ヶ月パート
終了後の再面談では「会社評価ではまだ技量不足の為に社員申請は出来ません」と告知され、今度は6ヶ月
のパート社員扱い契約での就労で現在働いております。
賃金についてはパート社員は時給の為に社員同様の手当てや賞与もありません。
再来月の11月で現在の企業に雇用されて1年になりますが、採用から1年間経過し今後も社員申請されずに
パート扱いにて雇用され続けさせられる事について企業側は労働基準法の違反にはならないのでしょうか?
投稿: 6 年 前.
カテゴリ: 雇用・労働
専門家:  sin4864 返答済み 6 年 前.

ご質問の内容をよく検討してみると、貴方は、期間3ヵ月で満了の雇用契約を更新していることになりますね。「社前の面接では入社してから3ヶ月は研修期間にてまずは時給賃金での契約で働いて頂き研修期間終了後に社員登用して頂ける予定」という最初の約束を違えたときに、契約を更新しなければよかっただけの話なのですが、貴方は、自分に不利な契約を更新し続けたことは、相手の主張を追認したことになります。

したがって、契約違反、あるいは労働基準法、労働契約法違反として、会社を訴えることは、困難であるように思います。したがって、証拠が優先する裁判所の手続は不向きなので、こういうときは労働局のあっせんの利用を検討してみてください。あっせんでは貴方が証拠を用意しなくても利用できますので、貴方にとっては有利な制度だと思います。

質問者: 返答済み 6 年 前.

更に詳しい内容として現在 自分が所属する部署とは違いますが、当初自分と同じ時期に中途採用され同条件3ヶ月研修後に社員登用予定にて入社した違う部署の方々は既に社員にして頂けて基本給も確定し夏賞与も支給されているのですが・・自分が初回パート扱い就労終了間際にその事を総務課へ問い合わせた所、自分が所属する部署上司の方々は(課長及び係長)は「中途採用した人をなかなか社員申請する判断をしない厳しい上司と有名で、過去に1年以上パート就労してようやく社員申請された中途入社の方々が多数おられる部署です」との事で、「それ以外の部署に配属された中途採用の方はきちんと3ヶ月研修後に社員登用されていますよ」と総務より回答されたのですが、なぜ社員申請して頂けないのか?自分が未だ技量不足なのか?足元を見られているのか?本当に今後社員登用してもらえるのか?全く理解出来ません。

研修終了後の契約更新面談の際には上司より「まだ社員に出来ずパート扱いでの延長契約だが、今の段階では貴方を解雇するすつもりは全く考えてないので安心して今後も頑張って欲しい」と言われた事がありましたが、他の部署にいる役職の方々にこの契約内容を説明した所では「研修から1度はパート扱いにする場合もあるが2度3度のパート扱い延長の契約など過去に聞いた事がない」と言われました。

次回の契約更新面談の際に上司へ社員登用申請を再度申し出てみた方が良いでしょうか?それとも何か良き方法やアドバイスなどありましたら回答を下さい。

専門家:  sin4864 返答済み 6 年 前.

貴方の会社の人事部に内容証明郵便を書いて返答を求めてみたらいかがでしょう。「当初自分と同じ時期に中途採用され同条件3ヶ月研修後に社員登用予定にて入社した違う部署の方々は既に社員にして頂けて基本給も確定し夏賞与も支給されている」、「それ以外の部署に配属された中途採用の方はきちんと3ヶ月研修後に社員登用されていますよ」「研修から1度はパート扱いにする場合もあるが2度3度のパート扱い延長の契約など過去に聞いた事がない」等を書いて貴方の今後の雇用をどのように考えているか文書で返事を求めましょう。

文書で正式に回答を求められると、会社も曖昧にできなくなりますからやってみるといいでしょう。

sin4864をはじめその他名の雇用・労働カテゴリの専門家が質問受付中

雇用・労働 についての関連する質問