JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
sin4864に今すぐ質問する
sin4864
sin4864, 社会保険労務士
カテゴリ: 雇用・労働
満足したユーザー: 343
経験:  労働問題の専門家として23年の経験がある特定社会保険労務士です。
61543350
ここに 雇用・労働 に関する質問を入力してください。
sin4864がオンラインで質問受付中

59 40 13

解決済みの質問:

今月59歳になる女性です。社員40名ほどの東京都の零細企業に勤務しています。勤続13年目です。
8月末に、解雇通達を受けました。理由は業績不振なので若くて賃金も安くですむ人材と入れ替えたいとのことです。
退職の期日は9月末日で9月中は有給休暇の消化期間として出社に及ばずということになりました。
会社 都合扱いで、退職金も5ヶ月上乗せするので文句はないだろうと言われ、労働基準法違反ではないので私に拒否する権利はないと言われました。
社長含め役員3人に囲まれ、説得され、了解の書類にサインをしてしまいました。
会社の業績が不振なのは分かっていますが、遅刻欠勤もせず有給休暇もこの10年ほどは年に2日程度しか認めてもらえず、身体の具合の悪い時も休まずきちんと仕事をしてきた結果がこれです。
理由として挙げられた事由に納得できないままでいます。
結局は辞めさせ易い従順な者から切って行くつもりなのでしょうか。
あと1年で定年退職。少ないにしろ年金も支給されるのになぜ今なのか。
会社側の説明では、今なら失業保険の給付期間が長いので私に有利なのだそうです。
だけど給与の全額が支給されるわけではないし、1年間支給されるわけでもありません。
不足分は退職金の上乗せで足りるはずだといわれましたが、上乗せされた退職金は80万円程度で全然足りません。
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 雇用・労働
専門家:  sin4864 返答済み 5 年 前.

「理由は業績不振なので若くて賃金も安くですむ人材と入れ替えたい」というのは、解雇の正当な理由になりません。しかし、「会社 都合扱いで、退職金も5ヶ月上乗せ」「9月中は有給休暇の消化期間として出社に及ばず」というのは、それほど悪くもない条件をつけています。貴方としては、「理由として挙げられた事由に納得できない」ということですから、解雇無効で争うべきだと思います。

しかし、現実を考えると解雇を撤回させるより、別に和解金を取るか、退職金を上乗せするような交渉をしたほうがいいように思えます。

労働局のあっせんを申し込んでください。退職金、和解金の増額が可能だと思います。

sin4864をはじめその他名の雇用・労働カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 5 年 前.
さっそくの回答をありがとうございます。
急な通達だったので不当に扱われた気持ちでしたが、会社側の条件がそれほど悪くないというのであれば、今後の生活のためにもう少し退職金の上乗せを申し出てみようと思います。
書類にサインしてしまっていますがまだ有効でしょうか。
それから労働局のあっせん手続きの方法を教えていただけると助かります。
質問者: 返答済み 5 年 前.

労働局のあっせん手続き方法は調べて分かりました。

ありがとうございました。

専門家:  sin4864 返答済み 5 年 前.

東京労働局総合労働相談コーナー03-3512-1608へ相談して、あっせんを申し込んでください。「私に拒否する権利はないと言われました。社長含め役員3人に囲まれ」とありますので、貴方には拒否できる権限があり、またサインは強要、脅迫されたと主張してください。

会社には、退職金5ヵ月80万円では納得いかないので○○円欲しいと言ってください。拒否したらあっせんの手続を取ると言えば良いです。

sin4864をはじめその他名の雇用・労働カテゴリの専門家が質問受付中

雇用・労働 についての関連する質問