JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
sin4864に今すぐ質問する
sin4864
sin4864, 社会保険労務士
カテゴリ: 雇用・労働
満足したユーザー: 343
経験:  労働問題の専門家として23年の経験がある特定社会保険労務士です。
61543350
ここに 雇用・労働 に関する質問を入力してください。
sin4864がオンラインで質問受付中

ご質問についてアドバイス宜しくお願いいたします。 私は外資系の半導体製造装置メーカ営業マン45歳です。 入社

解決済みの質問:

ご質問についてアドバイス宜しくお願いいたします。

私は外資系の半導体製造装置メーカ営業マン45歳です。
入社約4年で特に新規開拓営業を行っています。
 入社後大手自動車メーカーへの参入に向けた営業活動を実施して参りました。
結果一昨年に晴れて大型受注に成功しその功績を足掛かりに他部署への売り込みに従事し先々月に更なる部署での新規採用が実現し今後大きな期待の持てるチームに育て上げて参りました。
 リーマンショック後、営業経験のない事業部長が就任しておりこれらの私の業績を陰ながら面白くなく見ていた上司は昨年後半から私へのパワハラが過熱し始めました。「この注文が取れなければ首だ」の発言はあたりまでUS本社とは直接自分でやり取りを行い方針等を決定するが国内での報告ではそのやり取りを隠し業務報告などにてその方針が纏まっていないが如く日本支社長への報告ではだんまりな状況で、担当である私の業務不履行であるが如く振る舞うことはしばしばでした。
残業時間はここ1年ほぼ80時間/月を超えており産業医のカウンセリングも毎回受けている状況において、本年7月に体調不良にて通院する事となりました。病状は「心身症」で不眠・頭痛・登社拒否などの症状で有給休暇にて休暇を取得する 事となりました。 自分自身、理由は過労とパワハラであると確信しております。
その後投薬にて回復し9月初旬に復職診断書を主治医より取得し会社へ提出致しました。
しかし会社は再発防止を恐れ出社の延期を打診してきました。2週間後再度出社にて復職の予定について確認すると、復職診断書内容にて段階的復帰と書いてあるが現在の会社状況にて営業マンのポジション(段階的に受け入れられるポスト)は無い為結果、総務業務を申しつけられました。また、以前の様な給料は支払えないので給料は大幅減額(現在1300万→790万)にする旨伝えられこれが受けられるかどうか考えろとの話を伝えられました。
余談ですが、私が体調を恐し精神科医への通院を開始した後すぐに私の代わりの営業マンの中途採用を実施しており既に復職後同一のポジションに戻すつもりが無かった事が判明。

質問はこの様な業務において発生した疾病に対して復帰後のサラリーの減額は普通なのでしょうか? また、病気を理由に精神的な病気を患った人には営業職を任せるわけにはいかないとの理由でいとも簡単に担当を変え、提示内容に満足いかなければその後の身の処し方は自分で考えろとの退職勧奨とも取れる発言を言い渡されるのは普通なのでしょうか?

宜しくお願い致します。
投稿: 6 年 前.
カテゴリ: 雇用・労働
専門家:  sin4864 返答済み 6 年 前.

配転に伴う労働条件の変更という問題です。

質問はこの様な業務において発生した疾病に対して復帰後のサラリーの減額は普通なのでしょうか? 

今回は、職種の変更がありますから、合理性はあるように思えます。

また、病気を理由に精神的な病気を患った人には営業職を任せるわけにはいかないとの理由でいとも簡単に担当を変え、提示内容に満足いかなければその後の身の処し方は自分で考えろとの退職勧奨とも取れる発言を言い渡されるのは普通なのでしょうか?

普通かどうかはわかりませんが、会社には人材を適正な場所に配置させる広範な人事権があるとされています。会社の主張には、ある程度の合理性があるように思えます。「その後の身の処し方は自分で考えろ」とは、退職勧奨ではありません。選択肢の選択権は貴方にあります。

1300万→790万というのは、大幅な減額ですが、元々かなり高額な報酬です。短気をおこして、ここで退職すると損をすると思います。熟考をお願いします。

質問者: 返答済み 6 年 前.

ご回答ありがとうございます。

一点質問ですが、今回の疾病に対しての理由に過度の過労(労働時間)と上司によるパワハラがありますが、これらがこの疾病に原因でありこの様な職位変更の原因となったと思います。この点について会社と交渉の可能性(過失)は考えられますか?

宜しくお願い致します。

専門家:  sin4864 返答済み 6 年 前.

もし、貴方が退職を前提にこの問題を解決しようという考えなら、「過度の過労(労働時間)と上司によるパワハラ」を材料に使うことは可能です。

しかし、貴方の待遇を考えると、このまま会社に残った方が、賢明のように感じます。

上司のパワハラを前面に出すと、貴方は会社を結果的に辞めることになりますね。

貴方はメンタル面が弱点なのですから、「総務業務」という、楽なポジションで、しばらくゆっくりしたらいかがでしょう。貴方は45歳、まだ、まだ再浮上できるチャンスはあると思います。焦らないことです。

sin4864をはじめその他名の雇用・労働カテゴリの専門家が質問受付中

雇用・労働 についての関連する質問