JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
sin4864に今すぐ質問する
sin4864
sin4864, 社会保険労務士
カテゴリ: 雇用・労働
満足したユーザー: 343
経験:  労働問題の専門家として23年の経験がある特定社会保険労務士です。
61543350
ここに 雇用・労働 に関する質問を入力してください。
sin4864がオンラインで質問受付中

退職理由の本当の事はその上司の部下に対するパワーハラスメントでしたが退職理由書の提出がその上司宛の為、理由は一身上の

解決済みの質問:

退職理由の本当の事はその上司の部下に対するパワーハラスメントでしたが退職理由書の提出がその上司宛の為、理由は一身上の都合で処理しました。今回退職する彼も同じくその上司のパワハラでした。私の1年前にも同じく同事情で当時56歳の同僚が退職しました。会社はこの事情をうすうす感じてはいると思いますが、この事実をどうすればよいのでしょうか?
投稿: 6 年 前.
カテゴリ: 雇用・労働
専門家:  sin4864 返答済み 6 年 前.

貴方はすでに退職なさったわけですから、交渉の時は、言いたいことをいったほうがいいですね。交渉の際に、「パワーハラスメントが原因で退職した」ことを材料に使えば良いでしょう。退職金の問題は、当事者間で話がつかない場合は、労働局のあっせんをご利用ください。その際に、退職がパワハラのため本意ではなかったことなど訴えても良いかと思います。

sin4864をはじめその他名の雇用・労働カテゴリの専門家が質問受付中

雇用・労働 についての関連する質問