JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
sin4864に今すぐ質問する
sin4864
sin4864, 社会保険労務士
カテゴリ: 雇用・労働
満足したユーザー: 343
経験:  労働問題の専門家として23年の経験がある特定社会保険労務士です。
61543350
ここに 雇用・労働 に関する質問を入力してください。
sin4864がオンラインで質問受付中

内容証明郵便にて請求書を送付したのですが、支払えない為未払賃金立替払い制度を使用するということで 民事再生した再生

解決済みの質問:

内容証明郵便にて請求書を送付したのですが、支払えない為未払賃金立替払い制度を使用するということで
民事再生した再生債務者より、未払賃金立替払い制度に関する証明書が送られてきたのですが、
こちら が計算した未払賃金総額よりも金額が異様に少なく、
強制的に賃金カットした額や、残業代が考慮されていません、
また計算の根拠が全くわかりません。

再度、請求書を送付することで証明額を訂正させることは可能でしょうか?

それとも、正しい金額を証明しない再生債務者を相手にしないで
労働基準監督署にこの金額が未払となっている旨を通知したほうがよろしいでしょうか?

また、民事再生の監督委員も巻き込む形で請求を行ったほうがよろしいでしょうか?

よろしくお願いいたします。
投稿: 6 年 前.
カテゴリ: 雇用・労働
専門家:  sin4864 返答済み 6 年 前.

まず、その未払賃金立替払い制度に関する証明書を持参して、労働基準監督署へ相談に行ってください。「強制的に賃金カットした額や、残業代が考慮されていません、」ということなので、給与明細書やタイムカードの写しも持参してください。そのうえで、労基署の方から、民事再生した再生債務者に対して、証明書を訂正するように指導を求めましょう。こいいうときは、役所、役人をうまく使わないと損をします。

質問者: 返答済み 6 年 前.
なるほど。ご回答ありがとうございます。

次に質問なのですが、
元々、北海道が本社、東京に支社があ った会社なのですが、
民事再生のタイミングで東京支社はなくなり、北海道本社のみとなっております。
※私は東京在住、かつ、東京支社で働いていました。
相談へ行く場合、元々東京支社があった管轄の労基署で大丈夫でしょうか?

また、
私一人ではなく他数名の元労働者も同様の状況なのですが、
誰かが資料を一括して持参して、全員分の指導を求めることは可能でしょうか?
それともやはり、個別に資料を持参し、指導を求めるべきでしょうか?

よろしくお願いいたします。
専門家:  sin4864 返答済み 6 年 前.

相談へ行く場合、元々東京支社があった管轄の労基署で大丈夫でしょうか?

事業場の所在地を管轄する労働基準監督署ですからそこでいいでしょう。

同じ手間ですから、全員分の指導を求めるべきですね。

質問者: 返答済み 6 年 前.
なるほど。素早いご回答ありがとうございます。

少し話が飛ぶことと思いますが、
労基署への申告をしても状況が好転しなかったと仮定して、
民事起訴を起こして勝訴したとします。

もし、民事再生した相手に無い袖は振れないということで、
支払い能力がなかったら
その裁判結果の金額で立替払い制度を利用することはできるのでしょうか?

よろしくお願いいたします。
専門家:  sin4864 返答済み 6 年 前.
たぶんできないと思います。詳しくは労働福祉機構へ電話して聞いてみてください。そのまえに、裁判はとても時間と費用がかかるので、あまり現実的ではないです。労基署で臨検があれば、状況は必ず好転しますから、申告監督をするよう要求してください。
sin4864をはじめその他名の雇用・労働カテゴリの専門家が質問受付中

雇用・労働 についての関連する質問